2017年09月28日

加古川将棋倶楽部行 vol.101

R0001824.JPG
好き嫌いはいけません。
ウチの子は二人とも野菜もちゃんと食べますよ。
零戦は『ボロッコリー』も好きらしいです。僕は食べたことないけれど美味しそうですね。
注!上の写真はブロッコリーではありません!

日曜日。
子供教室の結果から。

雪風二段、1勝4敗。
零戦2級、3勝1敗。

以前から少し気になっていたのですが、零戦も午前中はまだ2級なんですよね。それに雪風の勝率も明らかに午後からよりも悪いです。
棋力認定なんて所詮はその場の相対的評価でしかないわけで、対局の手合いを適正にする為だけの数値なんですよね。ですからコミュニティによって認定段位に差があるのは当たり前のことではあります。
で、加古川では子供教室よりも道場のほうが一段階厳しめ、というのが通説だったのですが、現状の初段ぐらいの棋力帯はどうも子供教室のほうが厳しくなっているんじゃないかと思うのですよ。
つまりそれだけ子供の棋力平均が上がってきているんじゃないか、と。
もしそうだとすれば将棋界としては明るいニュースなんですが、育将としては複雑な気持ちになったりしますね。
コミュニティよりも我が子優先と考えてしまうのは、人の親としては当然かも知れませんが、余り賢い人の考え方ではありません。
子供に合理的に考えなさい、と諭しながら、親がこれでは、、、少し恥ずかしいです。

続いて道場の結果。

雪風二段、4勝5敗。
零戦1級、5勝6敗。

零戦は開幕1勝をあげたものの、その次に敗れてしまい、残念ながら昇段規定を満たすことはできませんでした。まあ、そんなにすぐ強くなれたら苦労はないですよね。ぼちぼち行きましょう。

近頃本調子ではない雪風は途中、「もうやめる、どうせ負けるし」と言い出す一幕もありましたが、電話で僕と話をしてから、もう一局踏ん張って戦ったようです。
こういうの。
もう駄目だ、と思ってからの一頑張りが一番大事!効果がある!みたいによく言われますが、それ、本当なんですかね。誰か検証したのかな?
そういうのって監督者の気分が良いだけじゃないのか。
近頃そのようなことをよく考えます。
何が一番大事で、何が正解なのか、僕自身、子育てに迷ってるのだと思います。
将棋の指し手と一緒。
やっぱり人生は面白いです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

加古川将棋倶楽部行 vol.100

R0001790.JPG
零戦がトイレに入っていて、「うん○こでたー!」と言うものだから、「自分で拭きなさいよー」と返しました。
そしたらトイレから「グリングリングリ〜ン♪」と聞こえてきたんですけれども、どんな拭き方してるんですかね?(記念すべき第100回のネタ)

さて、鳥取合宿からあけての週末土曜日、子どもたちは少しでも成長していたりするでしょうか。

雪風二段、4勝3敗。
零戦1級、5勝1敗。

近頃、精彩を欠いている雪風なのですが、予想していたよりも健闘していました。勝ち越してるならまあ良しです。

零戦は絶好調だったようでトーナメントも優勝しました!
何かしら賞を頂くことも多い感じもするのですが、道場トーナメントでの優勝は結構久しぶりで本人も喜んでいました。合宿の成果かな?
1敗からの5連勝なので、明日開幕であと2回?連勝すればまた昇段試験が受けられるし良い感じです。

鳥取合宿での将棋への取り組み方の違いが、結果となったかのような一日となりました。やっぱり将棋の神様はちゃんと見てるんですかね。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

第9回 鳥取県子供将棋合宿

R0002005.JPG
更新が遅れ気味で申し訳ないのですが、表題の合宿に参加させて頂きました。
今年で九回目となる当合宿では、親の同伴が不可ということで、特に保育園児の零戦が心配だったのですが、主催者の方からOKをいただけまして、一緒に雪風もいるし、まあこれも経験かなと考え、思い切って二人共お願いいたしました。
なんでも経験ですよね。結果的には二人共全然問題なかったようで、非常に楽しい合宿だったようです。

色々と内容について詳しく書きたいところなのですが、なにしろ子どもたちだけの合宿で、僕にも細かいところは分かんないんですよね。
それでもわかってる範囲でいくつか特筆しておきます。

まず僕が考えていたよりもずっとガチの合宿でした。
棋力については零戦でも十分に参加できる感じではあるのですが、良くも悪くも子供をまったく子供扱いしてないですよね。イベントやリドルなんかも豊富で、大人でも何から手を付けたら良いか、となりそうな密度の濃い合宿内容なのですが、その大部分の参加を個人意思に任せているのが印象的でした。ですから最後には熱心な子と不真面目な子の差が数字になって出てきてしまう、と。
零戦は幼いながら頑張っていましたが、残念ながら雪風は彼の性格の悪いところが出てしまっていたようで、少しサボっていたようで。
ですがこれについては僕も反省していたりします。多分雪風については普段から締め付けすぎなんですよね。そのせいで言われないと出来ない人間になってしまっているんじゃないかとも思うんです。
自分から望んで努力するように育てるべきで、ほんと猛省してます。

あと、棋力に合わせて3クラスあり、雪風は自分で選択して一番上のSクラスに入ったのですが、結果的にはこれもあまり良くなかったかも知れません。この合宿自体かなりレベルの高い合宿でして、二段格でもSクラスは結構厳しかったらしく、殆ど勝てなかったことでも心を折られた様子。とはいえ真ん中のAクラスではもう零戦が十分に通用していましたからね。兄として格の違いを見せたかったのかも知れませんが。

零戦は結構頑張っていて、斎藤先生に四枚落ちで勝っていたりと見どころもありました。

最終日に表彰式があったのですが、当然二人共、何の賞にも引っかからず惨敗。まあ、本人たちはそれでも来年も参加したいと言っていたので十分に楽しかったようです。将棋が関係なくても親元から離れて二人だけで寝泊まりするのだけでも面白そうですものね。
その上、将棋が指せるんだから楽しくない訳がないです。
スタッフの皆様本当にありがとうございました。できればまた来年もよろしくお願いします。


R0002003.JPG
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

鉄空作3番 二十一手

鉄空003.jpg
筋が見え見えの趣向作。

前回の詰将棋の答え(零戦作10番)

▲3一銀打  △同 金▲3三銀上成(不成)△1二玉    ▲2二金
△同 金    ▲同成銀    △同 玉    ▲3三金    △1二玉    ▲2二金打
まで11手詰

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 詰将棋連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

加古川将棋倶楽部行 vol.99

R0001833.JPG
先日、零戦と二人で車に乗っていましたら、外をノースリーブに半パンという本気スタイルでランニングをしている人がいました。
「あの人何してるん?」と、零戦が言うので、
「練習してるんじゃない?」と、僕が答えると零戦は一言、

「え?逃げる?」

違う、そうじゃない。

雪風は昨日の悪夢から明けて日曜日。本日の調子はどうでしょうか。
まずは子供教室の結果から、

雪風二段、4勝2敗。
零戦2級、6勝0敗。

雪風の4勝のうち2勝は、井上門下の奨励会三段の子に指導対局で勝ったもので、一回で2勝分勝ち星がつくようです。(そんなルールがあったんですね)このお兄さん、死ぬほど駒落ちが強くてですね。子供相手だとほぼ負けません。二段の雪風が四枚落ちで勝って星二つ分頂けるぐらいですからね。素直によく勝てたなという感想で、少なくとも最悪の状態は抜け出せたのかも知れません。
零戦はようやく進撃を始めました。1級認定の道場はともかく子供教室は2級ですからね。これまでも、もう少し勝てててもおかしくなかったはずで、少し気をもんでいました。やれやれです。

午後からの道場。

雪風二段、6勝3敗。
零戦1級、7勝5敗。

雪風はなんとか調子を立て直したようです。
零戦は開幕2連勝で昇段試験資格獲得だったのですが、開幕戦を負けてしまい残念でした。勝ち越しはしているものの、まだまだ初段は遠そうです。

今日は取り敢えず雪風の調子が戻って良かったです。ほんとこの一言につきますね。まあこのような事はこれからも何度もあると思いますが、一つ一つコツコツと乗り越えて行かないといけないんでしょう。なかなか厳しいです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする