2017年05月30日

加古川将棋倶楽部行 vol.78

土曜日は雪風の運動会でして、
R0001454.JPG
観戦してたら熱中症になったよ!やったね!

というわけで、日曜日の加古川は(ふがいない僕の代わりに)奥さんが引率しました。
今日から子供教室も再開ということで、色々とCMを打っていたんですか?例の藤井効果もあって大盛況だったようです。
ところがこんなに日に限ってバイパス上りが大渋滞で、西からの子はほとんどが遅刻。うちも残り時間のほうが少なくなってから到着したようで、午前中は3局ほどしか指せませんでした。

雪風1級、1勝2敗。
零戦3級、1勝1敗。

本人の主張なので定かではないのですが、零戦はどうやら3級に上がっていたようです?もし本当なら来月からは堂々のSクラス入りになりますね。

昼からはフルタイム&フルメンバーの道場。

雪風初段、6勝3敗。
零戦3級、4勝5敗。

雪風はこの一週間、こってり絞られた効果が出たようです。
とは言え今回はうまく行きましたが、子供、というか人間はどのくらい厳しくすれば良いかが本当に難しいです。
『褒めて伸ばす』と『スパルタ』は相反しないんですよね。
とくに雪風は他の子と比べても明らかに天才という感じじゃあないので、その匙加減を握る親の力量が問われるような気がします。
努力だけで成り立っている人間が、本当の天才を超えられるのか?
というのが僕の子育ての大きなテーマですので、まあ、本人が望む限りやれるところまでやってみようとは思いますが。
零戦はちょっとかなり普通じゃない感じがするので、本テーマにはそぐわないですね。僕も全然意味がわかんないですが。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

加古川将棋倶楽部行 vol.77

リニューアルオープン二日目の今日は、加古川将棋プラザに遠山先生がお見えになられていました。

20170521132825.jpg
ほんの顔見せ程度という感じの訪問でしたが、ちゃっかり写真を撮らせて頂いたり。
お忙しい中ありがとうございました。

さて勝敗はと言いますと、

雪風初段、3勝8敗。
零戦3級、8勝5敗。

雪風は今日も負け越しですが、昇級後というのに零戦は好調です。
苦手としていたはずの駒落ちで勝てるようになってきていて、むしろ平手のほうが勝率が低いくらい。加古川将棋倶楽部がお休みの間に何かしら掴んだのかもしれません。
雪風の方はそのままブランクとなってしまった模様。困ったものです。
トーナメントは二人とも初戦敗退で入賞はなし。まあ、そのほうが普通なんですけれども。

雪風は本当に伸び悩んでいる期間が長くて、そろそろ零戦に追いつかれてしまいそうです。
そろそろなにかしらの決断を覚悟しておかないといけないかもしれませんね。
子供の身長はあっと言う間に伸びきってしまいますから。
長考は許されません。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

加古川将棋倶楽部行 vol.76

R0001409.JPG
加古川将棋倶楽部が加古川ヤマトヤシキ三階に場所を代え、リニューアルして再開されました!
以前の昭和の趣のある会場と違って現代風の佇まいとなり良い感じです。初日ということで井上先生も居られ、とても賑わっていましたよ。

さてほぼ二ヶ月ぶりとなる加古川ですが、その間の実力変動はどのようになっているでしょうか。子供のことですし、二ヶ月もありますと再会時には一気に力関係図が変わっていそうで心配です。

取り敢えずウチの話をしますと、

雪風初段 4勝7敗
零戦4級 8勝3敗

雪風は停滞、零戦は向上、と対象的な結果となりました。
二人とも同じように将棋をしていて、どちらかというと零戦はあまりやる気がない感じなんですけれどね。不思議です。
とくに零戦は道場再開から6連勝でトーナメントも準優勝しまして、本日付で3級に昇級しました。おめでとー。

他にも同様に昇級昇段しる子が何名かいて、やはり子供の二ヶ月というのは成長するに十分な期間だったようです。
何故か雪風はあんまり強くならなかったみたいだけど(汗)

将棋云々を別にすれば、久しぶりに雪風の顔を見て喜んでくれる子が何人かいて、なんか微笑ましくって良い感じでした。

これからはまた加古川通いの日々が始まります。心機一転頑張っていきましょう。
posted by 鉄空 at 09:37| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

番外編 町の老人会

加古川将棋倶楽部がお休み中なので、町の老人会が定期的に行っている将棋会にお邪魔させて頂きました。(以前記事にした公園で集まっているお爺さん達とは別です)
こちらもむかーしに一度だけ参加させて頂いたことがあるんですが、それ以降一度も行っていませんでした。これまで日曜日はずっと加古川将棋倶楽部に行ってましたからね。

まあ良い機会ということなのですが、肝心の零戦がここ暫く高熱でダウン(体温38℃を超えても詰将棋をするよ!将棋が本当に好きだね!(驚愕))しておりまして、今回は不参加でした。
雪風と二人で将棋を指しに行くのもなんだか懐かしいです。零戦が将棋をさせるようになるまではずっと二人だけでしたからね。ここもそうだし、色んなところに対局しに行ったもんのです。

この老人会は月に二度、第二日曜、第四火曜の朝(十時ぐらいだったような)から午後四時まで開かれているんですが、その間、ずっと指しっぱなしだったりします。皆さん、体力あるなあ。
ちなみに老人会という名前で、僕と雪風以外はお年を召した方しかいませんでしたが、別にお年寄りでなくても参加可能です。

ここの特徴を敢えて上げるならば、ここでは僕も対局せざるを得ないという事でしょうか。(何の役にも立たない非常に個人的な情報をどうぞ)
子どもを将棋に連れていくと大体の場所で、「お父さんもどうですか?」と声をかけて頂くのですが、ほとんどの場合は辞退しています。
ところがここでは断りきれないんですよねー。無料だし、断る理由が見当たりません。将棋は嫌いじゃないですし。
問題は息子の将棋が見られないということぐらいでしょうか。

という訳でその後、雪風がどんな将棋を指したのかは不明ですが、色々なお爺ちゃんたちと対局させていただいて4勝3敗と何とか勝ち越したようです。
若年の棋士が珍しいこともあって、お爺さん方は皆さん、熱心に感想戦をしてくれました。どうやらやはり前のめりになって戦い過ぎているきらいがあるようですね。雪風もとても勉強になったようです。ありがとうございました。

僕の方も8局ほど楽しませて頂き、帰りにはヘトヘトになりました。将棋を恒常的にしている人はホント体力がありますよね。加古川もそうですが、関西将棋会館の子供たちなんか考えられないくらい将棋指してるし感心しますよ。

久しぶりに僕も対局の楽しさを再確認し、とても有意義な1日でした。名門を訪ねるのは勉強になりますが、たまには地元で気楽に、というの良いものですね。次回は零戦も連れて行ってやりたいです。

そうそう、零戦と言えば先日、誕生日だったのでヌイグルミを買ってあげたんですよ。
ボケモンの。
火トカゲ?の。
R0001319.JPG
ポケモンは詳しくないんですがこれ。
で、名前をですね。付けたんですよ、零戦が。

命名『みずいろピー』

語呂悪いし、水色要素が見当たらなんですが……
いたって本人には普通なようで気に入っているようです。
相変わらず零戦は何を考えているのか分かりません。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

番外編 広島将棋センター

加古川将棋倶楽部がお休み中の武者修行。
今回は広島将棋センターにお邪魔しました。
もちろん将棋目的で広島まで行ったんじゃないですよ。旅行で広島に行ったから将棋センターも旅程に組み込んだだけで将棋ばっかりやってる将棋バカ一家じゃあないんですよ。

R0001213.JPG
大和ミュージアムには零戦の本物があったよ!

さて、村山聖も通ったという伝統の広島将棋センター。どんな子がいるかと楽しみにしていたのですが、伺った時間が悪く大人しかいませんでした。百人以上いた子供は全員、午前中の将棋教室が終わって帰ってしまったとか。旅程上致し方ないとはいえ少し残念です。

肝心の対局結果は、

雪風 2勝4敗
零戦 0勝6敗

広島将棋センターは格上相手でも全部平手というシステムとはいえ、非常に厳しい結果となりました。
道場の方にお話を聞いたところ、どうも本日は強い方ばかりだったようですね。特に4級相当の零戦は6連敗となかなか良い勉強をさせて頂きました。

村山聖はこの手合いの厳しい道場で、幼稚園のころにもう初段はゆうにあったらしいですよ。噂の鷹取くんも幼稚園にして初段超えだったとか。信じられません。

R0001214.JPG
ちなみに関係ないのですが広島の人ってほんとに全員カープファンなんですね。広島の街中では外国人観光客もカープの帽子被っていまして、笑ってしまいました。

帰りに尾道ラーメンを食べまして、お昼は広島焼きだったし今日は広島県のフルコースといった道程。とても楽しかったです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

番外編 関西将棋会館道場行 vol.1

加古川将棋倶楽部が移転による改装と為暫くお休みということで、はるばる大阪は福島まで行ってきました。
関西将棋会館といえば将棋の西の聖地ですし、一度は行ってみたい(行かせたい)と思っていたので、加古川がお休みの間を逆に好機と考えての大阪行きです。
ピンチの時ほど状況を利用して反撃するのは将棋の真髄ですよね。

と、言うわけで今回は加古川行特別編。

R0000881.JPG
都会は構図の良い写真が撮りやすいですね。

さて、たどり着いた関西将棋会館は噂には聞いていましたが、ほんと信じられないくらい凄い熱気でした。春休みというのもあってか子供の数が尋常では在りません。しかも皆、強いこと強いこと。あの光景は異常ですよ。

次から次へと対局が決められて、戦い、決着し、また戦いが始まる。はっきり言って僕は完全に雰囲気に飲まれてしまいました。

あとですね。強豪が集まっているのは良いのですが、それ故に加古川で合うメンツもそこそこ揃ってまして笑ってしまいました。
それだけ加古川のレベルが高いという事なんでしょうけれども。

さて、肝心の子供たちの棋力認定。関西将棋会館道場は加古川よりも更に辛いと聞いていましたが、4局ほど戦い雪風はなんと1級!代わって零戦は12級!?

雪風の飛び込み1級認定は頑張っている感じがします。
しかし、いくらなんでも加古川で4級の零戦が12級ということはないと思うんですが、郷にいれば郷に従えです。
まあ、案の定そこから連勝連勝で1日の内に10級まで昇級しました。
もっともこれについても、初めの棋力を決めるまでの対局で、システムがわからず手合いを間違えていたんじゃないかという疑惑がありまして、対局相手になんか少し申し訳ないです。

それで結果的には、
雪風1級、10勝9敗
零戦10級、14勝6敗(棋力認定後は殆ど負けてないです)
と、二人とも勝ち越してくれて御の字でしょうか。

関西将棋会館の個人的な感想としましては、数字が物語っている通り、道場としては洗練されていて無駄がなく対局数が稼げますね。しかしながらその性格上、やむを得ないのですが、あくまでも道場であり『教室』ではありません。戦うためだけの場ですので、皆『勝ち』に貪欲です。そのハングリーさは見習わないといけない部分も多い反面、将棋の持つ真摯さや礼儀作法、道徳観念、美しさなどは置き去りになっている感じがしました。

まあ、何が言いたいかといいますと加古川には加古川の良さもあるなー、と。たぶん井上先生の人柄ゆえの違いでしょう。(例、井上先生は駒を整然と並べない子供には怒ります)

もちろん先に述べた通り、対局数が稼げる、強豪と戦えるなど、関西将棋会館の良さもありますので、今後も折を見て遠征させようかとは考えています。
ただ、関西将棋会館は加古川将棋倶楽部の上位互換では決してないんだなとは思いました。
R0000930.JPG
帰りに姫路名物の『駅そば』を食べて帰りましたよ。

姫路にも姫路の良さがあります。
皆様も機会が在りましたらぜひご試食下さい。僕のオススメは天ぷらそばです。なんたってきつねそばを食べるなんて頭がおかしいですからね。(注釈 どちらが美味しいかで姫路周辺の民は戦争になります)
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

加古川将棋倶楽部行 vol.75

R0000823.JPG
さよならJAビル。

僕らなんかは通い始めてまだ二年弱ですが、それでもなんか寂しい感じがしますね。古参の方や井上先生からすると相当愛着があったのではないでしょうか。

さて、今日で今年度も最後となります。
張り切って参りましょう。
と、言いたいところですが本日もあんまり子供たちは調子が上がりませんでした。

雪風1級、3勝2敗。
零戦4級、2勝4敗。

今回の成績で二人とも昇格線からは遠ざかってしまいました。特に零戦は昇級の可能性が高かっただけに残念。倶楽部再開後も暫くはA組で戦うことになりそうです。

今月の通算成績。

雪風1級、10勝6敗。
零戦4級、10勝8敗。

終わってみると雪風のほうが勝率が高かったり。

当ブログの加古川行もクラブ再開まで暫くお休みですが、もちろんその間も子供たちに将棋はさせていく予定ですので、何かありましたら随時更新していきますよ。

so long JAビル!
今までお疲れ様でした。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

加古川将棋倶楽部行 vol.74

先日、零戦が保育園でストライダー(べダル無し自転車)に乗っていところ、かなり豪快に転んだようです。
その時にお腹をハンドルで強打したらしく「心臓が止まるところだった」と言っていました。
その時に本当は死んでいたんですけど将棋の神様が心臓が止まらないように助けてくれた
とか。
何故なら零戦は将棋をやっていたから。
「将棋をやっていて良かった」
と、零戦がしみじみと語ってました。

……何言ってんだこいつ。

R0000675.JPG
JAビル内での加古川将棋倶楽部も残すところ後2回ですね。
と、いうわけで本日も加古川に来ました。

道場の成績。

雪風初段、4勝6敗。
零戦4級、5勝5敗。

今日は二人とも調子が上がりませんでした。雪風は久しぶりの負け越しです。
二人とも平手、駒落ちともに格上には負けている印象ですので、その辺りが今後の課題でしょうか。

まあ、今すぐに改善というのも難しいですし、明日も将棋の予定ですので気を取り直して頑張ってほしいです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

加古川将棋倶楽部行 vol.73

R0000428.JPG
JAビルクイズ第二弾。ここはどこだ。

明けて日曜日も当然のように加古川に来ました。
昨日の沖島(仮)君との対局を棋譜検討してみましたら途中までは雪風の方が良くなってましたね。あそこから逆転されるのかと驚きました。世の中には強い子が沢山いますね。

さて、本日の将棋教室の成績から

雪風1級、3勝2敗
零戦4級、5勝1敗

雪風も頑張ってますが今日は零戦が凄かったです。
個人的な印象として4級ってそんな楽に越えられる感じの壁じゃなかったんですけれどね。割とすんなりと勝ち越せるようになってきました。

続いて午後からの将棋道場。

雪風初段、7勝5敗
零戦4級、7勝3敗

こちらもやはり零戦の勝率が高い結果に。
この分ならあまりかからずに3級になりそうな予感すらします。あんまり詰将棋は解けないんですけれどもね。何で勝ってるんでしょうか。それについ最近までアッカンベーをする時にまぶたを上に持ち上げていたような子がですよ?実に不思議です。

ともかく二人とも今日もよく頑張ったので帰ってからエグゼイドを観せてあげました。面白かったようですよ。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

加古川将棋倶楽部行 vol.72

R0000484.JPG
先日の雪風の参観日の様子。生徒多すぎ(笑)

本日は第二土曜日ということで加古川将棋倶楽部ではレーティング戦が行われます。加古川に通い始めて結構経ちますが雪風も零戦も今回が初参加となります。

送迎は妻がしてくれましたので直接僕は見ていないのですが、本日は鳥取から小学二年生の強豪(あまりにもぴったりな日本軍の艦名があるので仮名を『沖島』君とします)が参加していたらしく雪風と熱戦を繰り広げたらしいです(雪風本人談)まあ毎度ながら競り負けたんですが(汗)
雪風はいつもあと一歩が足りないんですよね。もはや伝統芸になりつつあるような……
その対局の際、沖島(仮)君の親御さんが雪風を見て「手強い相手だな」というような事を言っていたらしいので、どうにか同じ土俵には上がっているという事なのでしょうか?
よくわかりませんが、取り敢えずそれって『漫画みたいな情景』だなと思いました。

そういえば以前、道場の子と雪風が対局を始めようとしていると岡山の強豪、不知火(仮)君が雪風の対局表を横から見て、それから向かいに座った対戦相手を見て、雪風に「勝てよ」と言ったとかいうエピソードを本人から聞きました。

漫画やん。

いいなあ。僕も漫画の登場人物みたいな思い出が欲しかったです。まあ、僕の場合は努力してないから作れるわけなかったんですが。

という訳でレーティング戦は進みまして、

雪風はB級で3勝2敗(内レーティング戦では2勝2敗)
零戦はC級で3勝4敗(内レーティング戦では2勝2敗)

気になる結果は後日教えて頂けるような感じらいしので、また少し楽しみが増えました。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする