2017年11月15日

加古川将棋倶楽部行 vol112

R0002228.JPG
零戦はリーレもがんばっているようです。

本日は日曜日ということで久しぶりにお嫁様と二人で子どもたちの送迎をしました。お嫁様の買い物についていってプリンを買ってもらいましたよ。美味しかったです。

それではそうこうしている間に終わっていた子供教室の結果発表。

雪風二段、1勝3敗。
零戦1級、2勝2敗。

加古川に通い始めて早二年と三ヶ月ほど、ついに今月から雪風が子供教室の順番で一番になりました。まあ、強い子が上から上から卒業していったから当たり前なんですが、一応、現在の子供教室ではトップということになります。ですから対局の殆どが格下相手となり駒落ちばかりさしていたりします。少し鼻が高いです。ちなみに零戦は9番目。こちらのほうでも爆速で兄を追いかけてきています。

午後からの道場では久しぶりに僕も参加させて頂きまして、親子三人で将棋を楽しみました。

雪風二段、5勝7敗。
零戦初段、7勝3敗。
鉄空3級、4勝2敗。

雪風は今回から新しい取り組みをしています。その件はまた今度話すとして、とりあえず現状の感じを雪風に聞いてみますと「手応えあり!」「もういやー」「ブパパブパパブパパー」ということのようです。現場からは以上です。

零戦は初段になって日が浅いもののよく勝っていまして、トーナメントでも優勝し、あわや昇段試験かというほど連勝していたりしました。いや実際この勝率だといつ昇段してもおかしくないんですよね。マジでお兄ちゃんに並んでしまいそうです。

僕は馴れない駒落ちなんかもがんばったのですが2敗してしまいました。ちょっと本気で初段を目指そうかと思っている今日この頃です。

くたくたにはなりましたが、親子で将棋を指せてとても楽しい一日でした。
せっかく子育てしてるですから、こういう思い出をもっと沢山作っていきたいと思いました。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

加古川将棋倶楽部行 vol.111

R0002126.JPG
そろそろ零戦がほっぺにチューを嫌がるようになってきたんですよね。
悲しい半面、でもまあそれは彼も成長しているという証でもあるので嬉しいことではあります。
ですから最近は代わりと言っちゃなんですが『5五角ゲーム』をしますよ。
5五が零戦のほっぺで、角が僕の口!

土曜日。
今日はレーティング大会でした。
このレーティングですが今回で最後のようです。人気がなくなってきていたのでしょうか。いずれにせよ個人的には歓迎。レーティングの日はどうしても対局数が減ってしまうのが気になっていたんですよね。せっかく送迎していのですから子どもたちには沢山対局して貰いたいのです。

道場の成績。

雪風二段、3勝4敗。
零戦初段、2勝3敗。

ちなみにレーティングは二人ともB級エントリーで2勝2敗でした。
もう本当に二人の差がなくなってきているように感じます。
がんばれお兄ちゃん!
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

加古川将棋倶楽部行 vol.110

R0002226.JPG
ちょっと前ですが零戦の運動会がありました。
真ん中で旗振ってるのが零戦。センターポジで良いですね。

唐突ですが零戦クイズ!

1+犬は?

答えは下に。

土曜日という事で道場に行きました。久しぶりに僕も道場に参加したいとは思っているのですが、あいにくと僕は今週は夜間勤務なので、子どもたちの対局を待ってる間は車でお昼寝していました。まあ寝て起きたら将棋が終わってるってのは楽ではありますね。

雪風二段、2勝7敗。
零戦初段、6勝5敗。

雪風は相変わらず低迷しておりました。棋力がものをいう終盤力はそれほど劣っている感じもしないんですが、序盤で苦しくなってそのまま負けしまうパターンが多い様子です。(本人談)これはそろそろ本腰入れて対策をしないといけなくなってきましたか。できれば問題解決は子供の自力に任せて、親はあまりテコ入れしないほうがよろしいとは思うのですが、このあたりのバランスは本当に難しいと思います。

零戦は昇段後でもなんとか勝ち越ししており一安心。こっちはあんまり手がかからないで楽ですね。まぁ、今のところは……ではありますが。しかし、零戦の対戦表を見ると対戦相手の名前が強豪ばかりになっていて身震いしますね。そりゃあ初段なんだから二段は平手、三段相手でも角落ちで十分に戦える棋力はあるはずなんですが、本人が小さすぎて対等の相手とは、とてもじゃないけれど感じられません。理解はできるけれど分かりません。僕の頭がバグってるのかな。

日曜日は大会に参加するので、雪風の特訓は来週からになりそうです。
いつか効果がでると信じて、取り敢えずがんばります。

零戦クイズの答え

ワン!

理解はできるけれどわかりません。僕の頭がバグってるのかな。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

加古川将棋倶楽部行 vol.109

R0002223.JPG
ハロウィンなんで被り物作りました。
デザインは雪風で僕が制作。モデルは零戦です。

月末になると子供教室のお金を払わないといけないのですが、月謝袋を持ってくるのを忘れてしまって嫁が「裸で渡しても大丈夫かな?」と言うので、「大丈夫じゃない?」と話をしていましたら、
「え!?裸で渡すん!?」
と零戦が驚いていました。
あ、お嫁様が言ってたのはそっちの意味だったのかな。何事も決めつけてかかるのはいけませんね。

さてそんな零戦ですが、前回の6連勝は実はその前日の1勝と合わせて7連勝だったりしました。そしてさらに三回目の昇段規定勝数の獲得ということで昇段試験は免除。つまり本日、十月二十八日付けで初段昇段となりました。パチパチパチ。

保育園で初段はお見事です!

恐らく加古川将棋倶楽部では過去最速だと思われるのですが、まあ、記録ってのは破られるためにあるようなものですがから慢心せずに頑張って頑張らせていきたいです。実際ここからのほうがずっと長く大変なわけですしね。

道場の成績。

雪風二段、3勝5敗。
零戦初段、4勝3敗。

雪風はいつも通りマイペースですが、若干調子が上がってきているような予感の気配の匂いがします。
零戦は初段になって手合いが厳しくなっているものの、なんとか勝ち越ししており勝負強さを見せました。

二人とも段持ちになって親としては嬉しい限りですが、まだ『時間無制限』でなら加古川3級の僕のほうが分が良い(とくに序盤)ですからね。まだまだ全然足りてないんだと思います。
先は長いなあと、途方にくれることもありますが、うちはお嫁様が将棋教育を理解してくれて僕を支えてくれているのでなんとかやって来れたし、これからも頑張れるでしょう。
実際、雪風と零戦がここまで強くなれたのは彼女のお陰だと思うのですが、子どもたちはあんまり分かっていない様子。(家では僕の方が偉そうにしているからだろうけれど)
将棋が生活の一部になっているという非日常的な『当たり前の日常』、それを支えている人の有難味がわかるようになるのはいつ頃でしょうか。
いつにせよ、それが分かった時に、別に親に返してくれなくて良いので、誰か大切な人にそういう『優しさ』をちゃんと注ぐことができる人間に育って欲しいです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

加古川将棋倶楽部行 vol.108

PicsArt_10-23-07.47.45.jpg
この日は加古川清流戦があったからか船江先生と稲葉先生が道場に顔を見せて下さいました!

話は変わりますが、雪風も零戦も寝相が悪くてですね。寝ると必ずといっていいほど真横一文字になります。だから一緒に寝ると僕はグイグイ押されて朝にはベッドの端っこ押しやられているわけです。それはまあ良いんですけれども、どうやら寝てる間、僕は相当苦しいらしくて毎回悪夢を見ます。うん○こがしたくて、ようやく辿り着いた洋式便器がう○んこまみれで座れない夢。ほんと最悪なんでやめて欲しいです。

台風接近中ですが本日も将棋です。
こんな日でも熱心な子は当然のように加古川将棋倶楽部に来てますね。うちも人のこと言えませんが。

さて、子供教室。

雪風二段、3勝0敗。
零戦1級、3勝2敗。

何があったのか二人とも久々に勝ち越しました。
とくに零戦は玉を囲っているのが功を奏したのでしょうか。引き続き同じ方針で午後からも様子を見てみました。

雪風二段、3勝4敗。
零戦1級、6勝0敗。

零戦……6戦全勝です。もちろんトーナメントも優勝。いくらなんでも極端過ぎやしませんかね。今回のことで玉を囲う大事さが分かってくれたのではないかと思います。しかしこれ、初段になろうかとしてるというのに、書いてて頭痛くなってくるな。
雪風は結果こそ負け越しながら、良いところで連勝しましてトーナメントでは準優勝でした。
まあ、今回は台風の影響で道場は5時で閉めてしまうため、普段よりも一回戦少ないトーナメントではありました。ですから入賞の難易度は格段に低くなっていたのですが、それでも二人揃っての賞金獲得は久方ぶりのような気がしますし、嬉しいものですね。
この調子で頑張ってほしいです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

加古川将棋倶楽部行 vol.107

R0002123.JPGテーブルマーク大会が惨敗気味だったのでヤケ食いしました。確かに嫌なことがあってもお肉を食べたらいくらか忘れてしまいま―――ホルモンうんめえー!

さて、台風が近づいていますが、それはすなわち将棋日和!と、指導棋士の方が言ってました。すなわち今日も将棋道場です。

雪風二段、2勝7敗。
零戦1級、3勝4敗。

天気のように雪風も零戦も調子が悪いかったです。とくに近頃の雪風は全敗じゃなかったら御の字という体たらくですから、いかがしたものでしょうか。
しかしですね、雪風の方は半分お手上げなのですが、逆に零戦の不調の原因は突き止めることができました。
その理由、なんと、

玉を囲ってなかった!
もしくは、
中飛車してた!

詳しく聞いてみるとここ最近は不慣れな中飛車か、居飛車でもほぼ居玉で戦っていたようです。まあ負けるのも納得ですが、何故だ!?勝ってたときはちゃんと玉囲ってたはずなんですけれどもね。相変わらず零戦のすることは意味がわかりません。
取り敢えず明日は、中飛車禁止、玉を囲うという方針で挑んでいただきましょう。玉を囲えとか1級にするアドバイスとは思えませんが(汗)

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

加古川将棋倶楽部行 vol.106

R0002045.JPG
昨日の大会では結局、雪風が準優勝者に負けて、零戦が優勝者にまけたみたいですね。二人とも決勝進出者と対局できた訳で、貴重な経験をさせて頂けました。
さて、明けて日曜日。
いつものように奥様の送迎で本日も将棋です。

子供教室では二人とも調子が宜しくありませんでした。加古川と言えども同棋力帯の人数はそんなに多くはないので、他のお子さんの成長との兼ね合いもあるとはいえ近頃は負けが込んでいます。苦しい時が続きますね。

雪風二段、1勝5敗。
零戦1級、2勝4敗。

それでもなんとか昼からは踏ん張って、

雪風二段、4勝4敗。
零戦1級、5勝5敗。

やはりこの数字みると午後からは大人が混ざる分なのか、緩くなるような印象。この道場には僕も先日参加させて頂きましたが、認定棋力は全然緩くない筈なのですが、それだけ近頃の子供が強くなっているという事なのでしょうか。恐ろしいです。

妻曰く、本日は零戦の機嫌が悪く、言うことを聞かないなど大変だったようです。昨日の5手詰めを逃したのがかなりストレスになっているようです。でもまあそういう時こそ自分を律する術を身につけないといけません。
問題は、大人でも困難なことを保育園児にどうやって叩き込むか。
難しい課題です。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

加古川将棋倶楽部行 vol.105

R0002046.JPG
加古川駅。年に何十回も加古川に来てますが将棋に関係ない所は殆ど行きません。知りません。一度探検してみないといけませんね。

「なにこれ?トリリュウチャ?飲んだことない!」
と、雪風が言ってました。確かに日本語の名詞は難しすぎなんですよ。

日曜日。子供教室から。

雪風二段、1勝2敗。
零戦1級、2勝3敗。

零戦は1級になってから少し成績が落ち着いているように見えます。当たり前ですが級位が一つ上がると、格段に厳しくなるようですね。

さて、問題の道場。

雪風二段、4勝4敗。
零戦1級、6勝4敗。

雪風は昨日の悪夢からはなんとか抜け出したようで、五分に戻しました。やはり問題はメンタル面という事なのでしょう。逆にしんどい展開になってきたように思います。

零戦は昇段試験を受けましたがまたしても落第。初段はまだ暫くお預けです。確かに勝ってはいますが、どーんと爆発してるような感じでもないので、もうひと頑張り必要なのでしょう。まあ、段位認定よりも実棋力の向上のほうが大切なので、あまり気にせず気長にやっていくのが良いようです。

本日は道場の常連の方とお話させていただいたのですが、どうも零戦の手は『変わってる』らしいですね。
実は僕も昔から零戦の手向性が普通ではないのではないかとは思っていました。ずっと以前にですが神吉先生も「君は天才だがもっと勉強しなきゃならん」みたいなことを零戦に仰ってくれたことがあって、その時はリップサービスかと考えていたのですが、ひょっとしたら神吉先生は零戦の指し手に何かを感じとられていたのかもしれません。
親バカでしょうか。まあどちらにしても僕が親バカなのは間違いないのですが。
しかしそうなると、この一種の『才能』のようなものを、親としてどう伸ばしてやれば良いのか見当もつかず戸惑います。特異性は特異的なだけに理解を超えます。
とは言え零戦の場合は将棋をやってる分、少しだけ人よりもそういった特徴が分かりやすかっただけで、きっとどの子もそういう人と違う『個性』を持ってるんだとは思うのですよね。そしてそれに気づいてあげられるか、伸ばしてあげられるかってのを親は試されてるような気がしますよ。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

加古川将棋倶楽部行 vol.104

R0002016.JPG
タンブラーの蓋を加工して車内用のゴミ箱を作りました。
これで車の中でも鼻かみ放題です!

土曜日。

今日は井上先生が不在で零戦の昇段試験はお預けでした。残念ですが対策する時間が一日増えたと考えて前向きに行きましょう。

零戦1級、5勝3敗。
雪風二段、0勝7敗。

またもや雪風はストレート負けを喫しました。棋力が足りてないとは思えないので恐らく精神的な事だろうと察するのですが、このメンタルの弱さはそろそろ問題です。どうしたら良いでしょうか。こちらが頭を抱えます。
零戦は勝ち越していてぼちぼち。初段目指して邁進中です。

毎度のことながら雪風の波の荒さには手を焼きます。
その分、結果が出せた時の達成感も一入ではありますが。
とにかく何かしらテコ入れする必要です。励ますべきか、叱責するべきか。それが問題です。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

加古川将棋倶楽部行 vol.103

R0002006.JPG
鳥取合宿での様子。
斉藤慎太郎先生と零戦。
良く考えるとこの合宿以降零戦の調子が上がってます。色々と刺激を受けて強くなったのかな。

ニュースってこともないんですが、僕の作った詰将棋が『詰将棋パラダイス』に採用され掲載されました!投稿を薦めてくれた慶田先生本当にありがとうございます。
新人コンクールとかいう部門で、送れば誰でも載るとかいう噂もあるのですが、予想外に井上先生が褒めてくれたので嬉しかったです。
ちなみに井上先生には十秒ぐらいで解かれてしまいました。やっぱり格が違いますね。

さて日曜日。
まずは子供教室から。今日から10月度です。

先月は零戦がS級優勝で、1級に昇級しました。実はS級では初優勝。というかたぶん加古川将棋倶楽部史上最年少でのS級優勝ですね。実質の意味はないけれどなんとなく誇らしい感じもします。
賞品は菅井先生の扇子で『新手一生』。
菅井先生にピッタリの言葉だと思います。

さて子供教室の成績は、

雪風二段、3勝2敗。
零戦1級、2勝2敗。

雪風はまずまず。零戦も1級となって五分スタートと悪くはありませんでした。

続いて、午後からの道場。
詰パラに詰将棋が載ったので気を良くして頭がおかしくなってしまったのか、恥ずかしながら本日は僕も道場初参戦いたしました。
認定は3級。家での子供たちとの対戦成績からするとこの位だろうと自己申告です。

雪風二段、5勝7敗。
零戦1級、8勝4敗。
僕 3級、3勝2敗。

雪風は負け越しながら、強敵に勝っていたりと善戦していました。この調子でいつかの成長爆発を気長に待ちましょう。
零戦は本日も好調でまたもやトーナメントで優勝!二日連続優勝、ここ四回で三回優勝と猛威を奮っております。ついでに昇段規定も満たしまして、次回また昇段試験が受けられることになりました。トーナメント優勝よりもこっちの方が嬉しいですね。
僕はと言いますとどうにかこうにか開幕三連勝した後、トーナメントで零戦と当たりました。手合は零戦の角落ち。
井上先生に「(零戦はもう昇段規定を満たしているからわざと負ける必要はないので)バシーンとやったって下さい」と激励されるも、僕のほうがバシーンとやられてしまいました。我が子ながらあまりにも鮮やかな寄せで笑ってしまいましたよ。

この度初めて道場で将棋を指してみて解ったのですが、将棋の対局って予想以上に疲れますね。対局数が少ないことからもわかると思うのですが、(対局ストレスで)頭が痛くなるし、手が冷たいので四時半頃にリタイアいたしました。この後車を運転して家に帰らないと考えると潮時でした。
子どもたちはよくあんなに将棋を指していられるなあと感心するものの、対局中のストレス量は大人も子供も同じはず。将棋後の心のケアをもっと大切にしていかないといけないと感じました。
なんでも自分でもやってみないと分からないものです。良い経験になりました。対局もとても楽しかったのでまた時期を見て参加させた頂きたいと思います。

というわけでご褒美と称して子どもたちにUFOキャッチャーをさせてあげました。
すると零戦がまさかのハンドスピナーを一発ゲット!今日は本当に零戦絶好調の一日でした。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする