2018年05月24日

加古川将棋倶楽部行 vol.160

R0003040.JPG
先日、藤井聡太先生の七段昇段がかかった対局がありましたね。
対戦相手は井上門下の船江恒平六段。日本全体からすれば少数派だとは思いますが我が家では当然の如く船江先生を応援していました。
そんな注目の一戦ということで、ニコニコ生放送で対局中継を流していたのですが、それを観た嫁が一言、
「わー♪船江先生、何か飲んでる♪」
彼女が熱心な船江ファンだということがわかりますね。

日曜日。5月19日の記事。

運動会シーズンということもあってか子供教室は少し閑散とした感じでした。とくにS級は人数が少なくて、いつも応援に来てくれているM姉妹(JD、JK)が指導対局してくれたようです。
ちなみに上手が多面指しということもあって、二人とも平手で勝利したようです。なかなか頑張りました。
そのご褒美ということでもないのですが、お姉ちゃんからアマ竜王戦の棋譜をどっさり頂きました。倉敷王将戦も近いのでこれで勉強して下さいとのこと。雪風が本番で結果を出せるかどうかは分かりませんが、そのご厚意が無駄にならないよう精進させます!ありがとうございます。
応援してくれる人がいるというのはとっても良いものですね。
我が子ながら雪風が少し羨ましいです。

雪風二段、1勝1敗。
零戦初段、0勝2敗。

指導対局に勝つと白星二つ貰えるのですが、二人ともそれは入れずの成績。

続いて午後からの道場。

雪風二段、7勝3敗。
零戦初段、3勝5敗。

先日の失敗を活かして、朝から懸命に煽ててみたらやっぱり雪風は好成績を収めました。人にもよるとは思いますが精神状態がかなり出力に影響するようですね。まあ当たり前のことですが、その当たり前を考慮するのって案外難しかったりしますからね。親のマネイジメント力の見せ所なのかもしれません。がんばります。

↓零戦が挑戦中。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

加古川将棋倶楽部行 vol.159

PicsArt_05-20-01.43.02.jpg
運動会の仮装で使うとかいうことで、誰か知らないにゃんこスターのよく分からないない『にゃんこスター』を造りました。
なんだか知らないけど、にゃんこなんで加藤一二三関係のものだと思います。

5月19日、土曜日の道場。

雪風二段、3勝7敗。
零戦初段、4勝3敗。

先週はもう昇段間近!という感じだった雪風ですが、今日は惨敗気味。朝から僕がめちゃくちゃ怒ってしまったので、ひょっとしたら士気が下がっていたのかも知れませんね。たとえ悪いことをしていたとしても親が子供の足を引っ張るようなことがあってはいけません。反省します。

子供達の送迎はお嫁様がしてくれたので、僕は家で夕食準備、中華焼きそばとナシゴレンを作って、布団カバーを取り込んでセッティングして、洗濯物畳んで、洗い物して流し台を掃除したら怒られました。
流し台は汚い方から二番目のスポンジで洗わないといけなかったらしいです。我が家には皿用、フライパン用、流し台用、排水口用、と4つもスポンジがあって難しいですね。
でもまあ逆に言うと、たまにしか家事をしないから覚えられないわけで、そう考えるとお嫁様がいつも家事をしてくれていてありがたいなあと思わないでもないこともないです。

ちゃんと感想戦もしたので次からは気をつけましょう。
何事も、改善改善です。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

加古川将棋倶楽部行 vol.158

R0003041.JPG
明けて日曜日。5月13日の記事です。

お風呂上がりに零戦が、「金無双しよ」と言いながら腕立て伏せを開始していました。
筋トレの事かな?

子供教室の成績から。

雪風二段、3勝1敗。
零戦初段、1勝3敗。

相変わらず雪風は好調で零戦は不調。そろそろこの構図も見慣れてきました。棋力以上に負けてる印象もするので零戦は随分と駒落ちが苦手なのかも知れませんね。子供教室のSクラスは人数がどうでも少ないので駒落ち戦が多発します。良い勉強になってそうですね。

続いて道場の成績。

雪風二段、6勝1敗。(優勝)
零戦初段、4勝5敗。

本日はいつになく雪風が絶好調でトーナメントで優勝しました。
それにあと1勝で昇段試験だったのですが、寄せの肝心なところでミスをしてしまったらしくチャンスをものに出来ませんでした。昇段が待ち遠しくなってきているところなので実に惜しかったです。残念。
まあ、それでも強くなってきてはいるという事かも知れません。前向きに考えていきます。子育てレースは精神的に過酷だったりするので、親としては自己暗示も大事だね。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

加古川将棋倶楽部行 vol.157

R0002907.JPG
蒜山シリーズもこの写真で最後。
『悠悠』で食べた焼きそばとからあげ。ひるぜん焼そばはもちろんながら、からあげグランプリで金賞という唐揚げがめちゃくちゃ美味しかったです。

雪風が友達と将棋以外の趣味について話をしていて、雪風は『読書』と答えていました。確かにファンタジー系の物語が好きで、(活字の本を)読ませてくれと懇願してくるという意識の高い子に育ってます(笑)。
それを聞いていた零戦が一言。
「んー、将棋以外の趣味かー。僕は『すいか割り』かなー」
珍しい趣味をお持ちですね。

5月から色々と環境が代わりまして、日が空いてしまっていますが、記事は5月12日、先週のお話です。

土曜日。

雪風二段、4勝5敗。
零戦初段、5勝2敗。

零戦、トーナメントでは早々に敗退してしまったようですが、その後は連勝してよく勝てていました。
雪風は負け越しと調子が上がらず残念な感じ。
二人ともなかなか昇段出来ず、もやもやする気持ちもありますが、まああんまり焦らずにゆっくりと行きましょう。強くなるのも大人になるのも近道なんかないですよね。

そういえば5月18日の神戸新聞にさなる杯兵庫県予選の記事が載っていたようです。雪風のことも書いたあったようですよ。自分の子供が新聞の記事に登場するというのはなんとも嬉しいものですね。親孝行ありがとう。

↓雪風が挑戦中

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(2) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

加古川将棋倶楽部行 vol.156

R0002929.JPG
会社の人に生しいたけを頂いたので七輪で焼いて食べました。半野生のものらしく大ぶりの肉厚で香りが強くて美味しかったです。驚いたことに二日間ほどトイレ後が凄い良い匂いでした。ヤバい。

日曜日。
ここ何ヶ月か負けの二倍以上は勝ち越している雪風ですが、残念ながらこの日も昇段はしていませんでした。やはり相当勝ちまくらないと三段は上げてもらえないみたいですね。
子供教室の結果から。

雪風二段、3勝2敗。
零戦初段、1勝2敗。

続いて道場の成績。

雪風二段、3勝5敗。
零戦初段、3勝5敗。

ついに二人とも負け越しになってしまいました。何度行っても負けまくるというあの悪夢の日々が再び始まりそうな予感がして恐ろしいです。
話は代わりますがこの日は連休中ということなのか、加古川将棋倶楽部に久保先生のお子さんが参戦していました。
僕は二年生で3級という妹さんの将棋を視させて頂く機会があったのですが、興味深いことに駒落ち下手で棒銀みたいな攻めをしてるのに、上手に『捌く』んですよね。
あ、これ絶対3級とかの捌き方じゃないわ、と思ったので、血は争えないというやつなんですかね。不思議だなあ。

それにこの日はですね、もともと毎週日曜日の道場に進行の手伝いとして久保先生のお父さんが来てくれていて、孫二人を引率してきていたその祖母と、子供を引き取りに来たお母さんが見えられたので、なんと一日で久保先生の父、母、妻、娘、娘が大集合という珍しい状況でした。むしろ久保先生本人がいないことが不自然なぐらいですね。
雪風は久保先生の大ファンなので、少しだけですがその辺のことで奥様とお話させていただきました。ありがとうございました。
いつの日か雪風や零戦にも子供のファンが出来る日がくるといいなあ、とか思いつつ。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

加古川将棋倶楽部行 vol.155

R0002906.JPG
最近、蒜山旅行の写真をたびたびUPしています。
宿泊はホテル蒜山ヒルズだったのですが、子どもたちに詰将棋しないと遊園地連れてかないよって言ったら、一晩で50問ぐらい解きましたよ。人間も目先に人参ぶら下げられると予想外に頑張れるもんですね。最後の数問なんかでは零戦が、「考えすぎて頭が痛いよー」とか言ってて可哀想でした。誰だ、こんなに詰将棋解かしたのは。

土曜日。道場の結果。

雪風二段、5勝5敗。
零戦初段、6勝4敗。

本日は二人ともトーナメント入賞ならず。雪風は少し一時期よりも棋力が下がってる印象もしますが大丈夫でしょうか。心配です。
零戦は格上三段相手の駒落ちに勝っていて、好感触でした。

そういえば先日、零戦が珍しく将棋ウォーズの棋譜を観せてきて、なにかと思ったらどうやら会心譜だったようです。なんか本人曰く、48手目の3六銀不成が自慢の一手で、どうやらこの手は小学生王将戦兵庫県予選の時に指導対局して頂いた平藤先生から教えてもらったらしいです。(先生は指導対局ながら全局平手で指しておられて零戦とは角換わりの同戦型だったらしい。先生ありがとうございました)せっかくなので↓に貼り付けてみました。スマホでは無理だと思うのですが、PCからだと視られるはずです。よろしくお願いします。

▲二段 vs. ▽零戦

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)
↓本をボロボロにしながら雪風が読破。

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

加古川将棋倶楽部行 vol.154

R0002905.JPG
先日、お嫁様とニッケパークタウンで買い物していましたら、めっちゃ「キレてない」っぽい人が歩いていたんですよ。
あんまりに似ていたんでそれでそれをお嫁様に言ったら
「超シュッコリキって何?」
と聞き返されました。
それが何なのかこっちが聞きたいですね。

日曜日ですが第五週ということで子供教室はお休み。でも午後からの道場は平常運転です。この日はGWに入っている人もいるからか、とても賑わっていましたよ。

雪風二段、5勝5敗。
零戦初段、5勝2敗。(準優勝)

勝手にライバル視している二人が前日に三段に昇段になったので、闘志を燃やしていた雪風ですが、終わってみれば久しぶりの勝ち越しならずという結果でした。力が入りすぎたのかな。

そして、ここ二週ほどよく負けていた零戦ですが、その原因を色々と探ってみたところ、面白い?事が分かりました。なんと、彼、

形勢判断をしてなかった!

厳密に言うと形勢判断という概念を知らなかったようです。
どうやら初手から詰将棋みたいに手を読んでいたようですね。ほんとかよ。もちろん終局まで読みきれないんで何かテキトーに手を選んでたみたい。
嘘だろ……と驚いた次第ですが、同時に、子供がテストをよく間違えてくる親の独白を読んだことを思い出しました。
どうやらその子は、テストでは全部正解しないといけないということが分かっていなくて、わざとフザケて答えを書いていたらしいです。
大多数の大人が当たり前に行使している『空気を読む』という能力は幼児には実は結構難しい技術なんですよね。そこのところ、理解してるつもりでもやっぱり理解しきれてないんだなと少し反省。
いや、でも零戦の場合、初段もなってるんだから、そのくらい分かってると思うやん!
逆に今までどうやって戦っていたんだか。
だから異常なまでに対向型に弱かったんだなと、ある意味納得はしましたけど。(相居飛車は攻め合いのスピード勝負になる事が多いので何とかなってた模様)
それで、簡単にですが対向型の方針を教え込みました。
@相手より玉が固い時に捌く
A相手より玉の守りが薄い間は捌かせない
B相手より玉が固く出来ない時は捌かせないようにして押し込む
将棋やってたら誰でも当然過ぎて意識すらいないような事なんですが、これを少し頭に入れてみた結果、上記の通りトーナメント準優勝(決勝は飛香落ちの上手)ということらしいです。
そんなに簡単に結果がでる?という気もしますが、でもまあ今回の件は完全に僕の落ち度で言い訳のしようもないですね。零戦は早くから棋力が向上してたのであんまり手がかからない印象があったのですが、やはりまだまだ子供なんだなあと痛感しました。それにこれは氷山の一角で、見えてないケースが山ほどあるんだろう、とも。
疲れるなあ。
ぼちぼち頑張ります。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

加古川将棋倶楽部行 vol.153

R0002962~2.JPG
加古川の『有名』で『隠れ家的』とかいう相反する肩書が正面から殴り合っている『空箱』というカフェでランチを食べました。
この日のメインは梅しそチキンカツ。出てきたもの全部ヘルシーなのに激ウマ。これでデザート、コーヒー付けて950円は破格という事が出来ます。

土曜日、将棋道場の結果から。

雪風二段、6勝3敗。
零戦初段、2勝6敗。

相も変わらず負ける姿の多い零戦ですが、最近はメキメキと詰将棋が解けるようになってきていて、もう20を下回る手数だとどんな問題でも殆ど解けないということは無いように思います。だからこそなんですが、何で負けているのかよく分かりません。
そういう事情もあってこっちとしては当然、答えをコッソリ見てるんじゃないかと疑うわけです。もちろん本人は「見てない」と言い張るんですが、実際に目の前で解かせて見ても尻尾が掴めない。
それどころか、先日は谷川先生の実戦次の一手問題を終局まで43手全て言い当てるとかするんですよ。(もちろん一発ではなく何回かは間違うのでそのたびに僕がハズレだと指摘して考え直させる×7回ぐらい)
いやいやいや、40手も進んだらどこに駒があるか覚えるだけでもそこそこ大変じゃないですか。それでもやっぱり答えを覗き見てる現場は押さえられない訳で、いくらなんでもこれは信じられなくて、思い切って井上先生に相談してみました。
「零戦、ズルしてますよね?」
「答えを見たとしても43手も覚えるだけで凄い。だからどっちにしても凄い」
なるほど。
まあ確かに少なくとも覚えるだけでも僕には出来ない芸当ですね。
とは言え、だからといってズルをしていいという事ではないですし、もししていたとしたら見つけて、今のうちに叩き直さないといけません。
でもその方法もわからないし現行犯逮捕もできないんですよね。前もって何問か答えを覚えてるんでしょうか?そしたら手数が軽く100を超えてしまってそれこそ覚えられないような・・・うーむ。
ちょっと強い子の親なら誰でも経験すると思うのですが、19手詰めだろうが何だろうが詰将棋の答えを言う時に盤面を見る必要がなくなった時も「こいつら人間じゃねえ」ってこっちはめちゃくちゃビックリしましたもんね。
子供達は成長が早くってこっちの想像を軽く超えてきますし、井上先生も答えは濁してたし、零戦が本当にズルしてないという可能性もひょっとしたらあるのか・・・いや、でも・・・親ぐらいは信じてあげたほうが良いのか、親だからこそ信じないほうが良いのか。
難しい問題です。

↓零戦が疑惑の読破(笑)
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(2) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

加古川将棋倶楽部行 vol.152

R0002901.JPG
ホテル蒜山ヒルズで楽しんだパターゴルフ。
子どもたちよりも僕の方がはしゃいでたり(笑)

先日の朝、零戦が起きてくるなりお尻を手で押さえていまして、
「どうしたの?」と僕が訊ねると、
「お尻寝違えた」と言っていました。
なかなか器用な寝相だと思います。

明けて日曜日。子供教室の結果から。

雪風二段、5勝1敗。
零戦初段、1勝2敗。

雪風は今日は結構勝っていて、今月も11勝5敗と昇段の目安は満たせたようです。これで1月、3月、4月と負けの二倍以上勝ってるのかな。
でも三段になると教室は卒業になるということもあって、査定はかなり厳しい様子。最終判断は井上先生次第なのですが、もっと勝ちまくらないと昇段は出来ないかも知れませんね。

続いて午後からの将棋道場。

雪風二段、6勝5敗。
零戦初段、1勝8敗。

いつになく零戦が負けまくっていましたね。相変わらず咳が出ていたようなので本調子じゃなかったのかも知れませんが、それにしてもよく負けています。
こういう時、どういう顔をすれば良いかわからないの。
笑えばいいと思うよ。
ということで、「ちょっと負けたぐらい気にすんなよ」と笑い飛ばしてみました。
雪風もこちらの期待ほどは勝ってなかったですね。
まあ、二人のいる土俵は猛者しかいませんので、勝ち星一つでも簡単には取らせてくれないという事は分かっているんです。
それでもいつだって人間は良い面ばかり期待しちゃいますね。
だから前に進めるというところもあるんでしょうけれど。

↓零戦が読破。(図書館で借りた)
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

加古川将棋倶楽部行 vol.151

R0002904.JPG
先日、お嫁さんが洗い物をしながら、
「二回目の考慮時間に入りました」
と、呟いていました。
かなり将棋にヤラれてますね。

土曜日の道場。

雪風二段、4勝4敗。
零戦初段、5勝4敗

今日は二人ともあんまり勝てませんでした。
そりゃあ毎回、大活躍するはずもないですしこういう時もあるでしょう。とくに零戦は先週から引き続いて風邪気味で、鼻水と咳がでるからか元気がないような感じがします。心配です。
雪風は久しぶりのお嫁様の送迎だったので、力み過ぎたのかも知れませんね。背が伸びた分、心が複雑になってきてそろそろ反抗的な態度も増えてきています。成長するっていいね。
口答えしてくるともちろん僕は怒りますけれど、実は見ていて楽しいです。

↓零戦が読破!

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする