2017年08月02日

第25回播磨国総社夏の陣 囲碁・将棋大会

PicsArt_08-01-08.09.54.jpg
大会審査員長の若松先生と。

上記大会に参加させて頂きました。
当大会は今年で25回目ということですが、うちが参戦するのは二回目。雪風は初段二段格のB級。零戦は上級者のC級でエントリーです。
去年は雪風がC級で惨敗。零戦はまともに将棋が指せてるという段階でなかったため不参加だった、ということを考えれば、この一年で二人共すんごく強くなってますね。いい感じです。

さて本戦。
ルール上、一番頑張って欲しい初戦を2人とも落としまして、その時点で入賞が絶望的に。
結果は雪風が1勝3敗。零戦が3勝1敗で存分に大会を楽しみました。
雪風は成績が少し悪いようですが、それもそのはずで棋力規定から大きく逸脱してサバを読んでエントリーしている大人がいっぱいいるんですよね。もちろん勝ちたいのは誰でも一緒ですし、その気持ちも多少はわからないでもないですが、いくらなんでも度を超えてる人が多すぎです。
残念ながら現状では大人参加可の大会では不正をするのが当たり前になっているようです。
ちなみに僕はそういう不誠実な行いが大嫌いです。
子供たちに将棋をさせているのも、アイススケートやサッカーなんかと違って、勝敗に大人のそういう浅はかな紛れが絡まないからという理由も大きいんですよね。
それなのに結局こういうところで大人の駄目な部分が丸見えになってしまうのは悲しいことです。
というかこういう腐った根性の人たちって、自分が他人から、とくに子供から、どういう風に見られているか考えないのでしょうか。僕はそんな風に軽蔑されるくらいなら迷わず死を選びますけれども、まあそんなこと考えもしないからそんな卑劣で恥ずかしいことをさも平然と行えるのでしょう。思考停止は無敵ですからね。
そういう間違って成長した大人の汚い下劣なところは子供たちに真似ないでほしいんですよね。国はつまらない表現規制をする前に、こういうモラル低下を防ぐための運動でもしたらいいと思います。

僕がなぜこんなに怒っているかというと、将棋の大会に参加すると加古川将棋倶楽部や他の道場で日々切磋琢磨している子の姿をいつも多数見かけるんです。そしてそういう子達は殆んどが、所属道場の棋力でエントリーするので大人参加可の大会では惨敗します。
子供は不正をしていなからという理由でボロ負けなんです。見ていてこんな可哀相で酷いことはないです。

今大会でもたくさんの子供がそういう状況でしたが、とくに気になったのが加古川将棋倶楽部で三段の昇段試験を二回も受けたような子(現状二段)が、B級で雪風と同じく1勝3敗だったという事実です。以前も記事にしましたが昇段試験を受けられるということは二段同士や対三段の対局であれば勝率八割以上のはずで、普通に考えれば優勝候補筆頭なんですよね。それが1つならともかく3つも土を着けられるとか、B級の初段二段格という規定は最早成り立っていません。
実際にB級の勝敗表には三段以上の方の名前が盛り沢山で載っていました。将棋というのは世間が狭いこともあって、三段以上ともなると名前も棋力も周知の事実なのによくもまあ堂々とそんな恥ずかしいとが出来るものだと逆に感心してしまいました。
不正をして得た勝利で、しかも正々堂々戦う子供を蹴散らして、その薄っぺらい自尊心は満たされたのでしょうか。
反吐が出ます。

大会自体は、25回目というのもあり運営の方もしっかりしていて、気配り等も行き届いていて恙無く進行し、気持ちの良い大会でした。ありがとうございました。

正直に、愚直に、努力し続けることが最善と僕は考えておりますので、雪風と零戦にはそうやって確実に強くなってもらって、いつの日か汚い大人たちをフルボッコにして頂こうと思います。それが今からとても楽しみです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(5) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。たまにブログを拝見しております。
ご無念なお気持ちはよくわかります。
確かに、本来A級(三段格以上)で出るべき人がB級で
参加するのはモラルとして問題があるでしょう。
しかし、そういう大人を返り討ちにして蹴散らすことが
正義であり、勝負の世界で飛躍できるのではないでしょうか?
負けは負けとして受け入れ、更なる精進を目指すべきです。
大人が悪いという結論で終わってしまっては、子供さんに
とって何のプラスにもならないかと思います。
それなら、そういう大人に勝って、大人が悪いと締めくくった方が、子供さんの成長にもつながるでしょう。
最後の方に、そのように締めくくっておられたので安心しました。
勝負の世界では、どんな状況でも勝ちを目指す姿勢が大切だと
思います。そういう大人を踏み台にして、さらに強くなって
ほしいと願っています。では、失礼します。
Posted by 毛利 at 2017年08月05日 01:55
毛利さん、こちらこそはじめまして。

大人が不正をする人が多いという問題についての毛利さんのご意見はごもっともです。完全に僕も同意です。
しかしながらあえて一つ言わせて頂くとしますと、世の中の子供の誰でもが大人を蹴散らしていける訳ではないという点です。
見ている限り本当に強くなって汚い大人を踏み台にしていける子はごく一握りで、もちろんそれは僕に言わせれば努力が足りないだけなのですが、現実的に考えて誰しもが一部の人間のような常軌を逸した努力を出来るわけではありません。
良くも悪くも普通の子は大人の波に飲まれます。それを弱肉強食というならそれまでですが、そうやって育った子は大人になった時、必ず自分も腐った大人になるでしょう。
駄目な大人が駄目な大人を育てるのです。
それは将棋界にとっても大きな損失だと思います。
負のスパイラルも良いところです。
うちはスパルタ教育の方針だし、少なくとも僕の目の黒いうちは、子供たちをその負の螺旋には参加させませんが、自分の子さえ良ければそれで良いと思えるほど、僕は冷血にはなりきれません。
それにどう考えても、子供が努力をして現実を打破するべきという考えは無理があるように思います。努力し世界を変えていくべきは大人の仕事で、僕達大人は子供たちが真っ直ぐ育つよう正しい道を示すべきです。
いつだって子供たちは大人を見ていますからね。たとえ自分の子ではなくとも、成人として認められた以上、また社会に生きている限り、周囲の子供の成長には責任を持つべきと僕は思います。

僕自身返信の中で、はっきりと考えがまとまった部分もありますし、やはり人と意見交換するのは大事だなと再確認することができました。コメント本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by 鉄空 at 2017年08月05日 08:07
こんばんは。夜分遅く失礼いたします。
子供さんは、将来プロ棋士を目指しておられるのでしたら、
A級からB級にクラスを落としてきたような大人は
超えなければならない壁だと思いますよ。
あと、常軌を逸した努力もしなければプロ棋士にはなれないと思います。
ずっとアマチュアで趣味として将棋を続けさせる方針であれば、
そのような考え方はごもっともだと思いますが、
子供さんをプロ棋士にする方針であれば、厳しい言い方ですが、
勝負に甘いと思います。
矛盾点を指摘するような言い方になってしまいましたが、悪意はございません。ご了承ください。
Posted by 毛利 at 2017年08月07日 01:27
アマチュア将棋界が弱肉強食の世界で、大人の汚い行動が
目立ち、子供が悪影響を受ける世界でしたら、私は、最初から
子供に将棋はさせません。少年野球とかサッカーでしたら、
監督や保護者の方のような大人のもとで、子供同士、
切磋琢磨しながら人間性を育んでいくわけです。
通常、大人の悪影響を受ける環境ではありません。
もちろん、将棋界でも子供の教育に熱心な方は、
いらっしゃるかと思いますが、ブログを見る限り、
少数派のように思えます。将棋は、子供同士で対局もしますが、
少年野球やサッカーと違って、大人とも対局する競技ですね?
ここが決定的な違いです。だから、良くも悪くも子供は
大人の波に飲まれるわけです。対局する大人の皆さんが
子供の教育のことを考えているか?といえば、そうでもなく、
自分のことしか考えない大人もいるわけです。
そういう世界に子供さんを送りこむかは、最後は、
親御さんが決めることですね。
子供さんに本格的に将棋をさせる以上は、将棋界とは、
そういう世界だと割り切った方がいいかもしれませんね。
一つの世界を変えるというのは容易なことではありませんよ。
Posted by 毛利 at 2017年08月07日 01:52
コメントありがとうございます。

毛利様、大きく誤解なさっているようです。
自分の文章を何度読み返しても何故そのように誤解されてしまったのかわかりませんので、ここらが僕の文章力と思慮の限界という事なのかも知れません。申し訳ありません。もっと精進いたします。

しかしながら誤解されたままというのも不本意ですので何点か重要なところだけでも僕の考えをお伝えしたいです。

@毛利さんの意見には完全に同意。ただしそれは我が子(雪風、零戦)に限る。

A上の前提が示す通り勝てば良いだけの世界なので、大人がズルをしたせいで雪風、零戦が勝てなかった悔しい!とは思ってない。負けたやつが悪い。

Bだからと言って参加している子供達全員にその条件を突きつけるのは酷だと思う(しかもそれが大人の私利私欲を満たすためなのだからなおさら)

Cつまり僕が怒っているのは他所の子のため。

Dそんなことをしていたら将棋界全体も衰退してしまう。

以上の5つです。毛利さんの意見と何も食い違っていないと思いますのでどうぞご確認下さい。よろしくお願いします。
Posted by 鉄空 at 2017年08月07日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: