2017年03月22日

第50回日本将棋連盟稲美支部例会

R0000818.JPG
加古川将棋倶楽部のJAビル最終日だってのに上記大会に参加させて頂きました。
だって井上先生もこっちに来てるんだもの。

雪風と零戦がどのクラスでエントリーするか悩んだのですが、最終的には井上先生の声を頂き、それぞれB級(初段二段格)C級(1〜5級駒落ちあり)で出場することになりました。
加古川将棋倶楽部での段級位を尊重する形ですが、主催者様はもう一つクラスを上げで大丈夫ではないかと仰ってくれていました。

しかしいざ始まってみると雪風が出たB級には、昨年の稲美万葉杯の3位決定戦で当たり勝てなかった大阪の強豪の二年生もエントリーしていまして棋力的にも適正クラスなのではないかという気も致しました。

肝心の結果ですが、なんと雪風はB級で準優勝しました。
決勝こそ、ご年配の方に軽く転がされたものの、それ以外の将棋には全て勝ちまして、大阪の強豪の子にも万葉杯での雪辱を直接返すなど大金星をあげました。(対局内容はほんとギリギリだったらしいです)
まあ、勝ったり負けたりするから将棋は面白いんですよね。
B級は一位でないと表彰状が頂けないんですが、そんなの気にならないぐらいの大戦果だったのではないかと思います。

そうこうしている間に弟の零戦はC級で優勝していました!?
ま、まあ、C級以下は駒落ちありという珍しいルールの大会ですのでエントリーしていれば誰でも優勝の可能性があるんですよね。
初心者の方にも思いっ切り楽しんでもらいたいという考えからのルールらしいです。
実際に決勝のお子さんと平手で練習対局をして貰ったら零戦が負けましたので、駒落ちというルールが丁度こちら側に良い方に働いてくれたのかなと思います。

さらに大会後の稲美支部会員限定の抽選会(当日に支部会員にならせて頂きました)では井上先生のサイン色紙が当たり、一家全員大喜び!
実に(経験的にも物理的にも)収穫の多い例会でした。

雪風B級、8勝1敗、準優勝
零戦C級(4級)、9勝0敗、優勝

稲美支部の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
R0000816.JPG

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: