2017年02月24日

閑話『人体600万年史・下』

R0000361.JPG

引き続き下巻も読んでます。

目から鱗というか、なかなか衝撃の内容。

農業を始めてから人間の暮らしは以前にまして辛くなり、産業化によって地獄となった。

言われてみれば当たり前なんですけれど、普段は認識しにくい事実ですよね。
便利に豊かになって人口がどんどん増えているから、人々の暮らしは良くなっていると思っている、というか、良くなっていると信じたいということなんだと思います。

得てしてこういった効率化の作用は逆のベクトルに働きますよね。

例えば戦争も、素手での抗争ならものの数分で決着がつきますが、剣と弓で戦うと数日はかかります。火器になると数ヶ月。兵器が登場すると数年。核の登場で最早戦争は恒久的に終わらない状態となりました。
相手を倒すための武力が上がるとともに、逆に倒すまでの時間が伸びている訳で、なんとも皮肉なことです。

一つ何かをしようとすれば、一つ何かを失うという基本的な概念すらも忘れがちな今日この頃。目先の結果に囚われて本筋を蔑ろにしてしまう事もしばしばです。子育てについても、良くしようと足掻いたせいで逆に悪化してしまうという経験が無きにしもあらずですし、その辺りちゃんと気を付けていきたいですね。

最後に。
糖と塩の取り過ぎは毒と同じですので皆様控えましょう。
不健康になるのは個人の自由ですが、子供にとって親は貴方だけです。

posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: