2017年02月13日

第42回小学生名人戦兵庫県予選低学年の部

兵庫県は小学生名人戦と王将戦の予選を一度にします。(大人の都合をお察し)

ですから三年生の大会の予選を二年生の冬に行うので、雪風にとっては最後の倉敷王将戦低学年の部(低学年では唯一の全国大会)の予選大会になります。

そんな訳で芦屋にまで足を運んだわけですが、兵庫県予選を兵庫県最南東に近い芦屋で、しかも冬季に開催するというのは如何なものなのかとは思います。(実際、豊岡等の参加希望者は軒並み雪の影響で来られなかったので)まあ、それも大人の都合ですか。そうですか。

さて、雪風は予選でいきなり加古川で同門の強敵(便宜上、等ブログ独自ルールに基づいて戦艦から仮名を付けさせていただきます)高雄君と同グループになり熱戦になったものの敗北。

雪風もがんばりましたが高雄君の強さは尋常じゃありませんからね。しかもまだ一年生。末恐ろしい限りです。

それでも何とかもう一人の子には勝ちまして、予選を突破しました。

それで迎えた本戦トーナメントでは一回戦はシードだったのですが、二回戦でまた高雄君と当たり敗北。というわけで残念ながら雪風は全国への切符を掴めませんでした。

もっともトーナメントで高雄君と逆の山だったら勝てていたかと言うと、逆の山にも同門の強い子がいたので微妙だったのではないかと思います。

くじ運がとか、指運がとか、運営がとか言い訳をしようと思えば色々好きなように書けるとは思いますが、現実に高雄君に二連敗したのは事実ですし、それは雪風の実力不足、努力不足以外の何でもないです。

雪風は相当悔しかったようで、ひと目も憚らず大泣きしていましたが、結局、そのまま高雄君が優勝し、同門のもう一人の子と二人で、兵庫県代表として倉敷王将戦に出場することになったようです。

出来れば雪風に全国の舞台へと足を進めてもらいたかったのですが、それは叶いませんでしたので、王将戦の参加資格を得た二人にはぜひ加古川将棋倶楽部の代表としても全国という大舞台で活躍して欲しいところですね。

雪風の敗戦後は、そそくさとその場を後にさせて頂いて、加古川将棋倶楽部へと向かいました。(まだ息子に将棋を指させる畜生父親の鑑)そのお話はまた次回にしますね。

何はともあれ、
雪風の小学生低学年の夏は終わりました。
まだ厳しい寒さの続く今日の日に。

R0000288.JPG
posted by 鉄空 at 23:00| Comment(10) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてでしょうか?
今年の兵庫県名人が誰か調べてるうちに辿り着きました。
なかなかにすごいシステムですね!うちが兵庫県なら暴れてしまいそう(^_^)
低学年の子が名人になりたい場合は高学年の部エントリーのようですが、で準優勝した場合はどうなるのでしょうか?
Posted by 北國の将棋父 at 2017年03月10日 12:55
北國の将棋父様コメントありがとうございます。初めまして。

兵庫県の予選は実に個人的な感想ながら『やっつけ』感が凄かったです。面倒くさいけど仕方ないから進行しとくかって感じで。
それは複数の保護者に様々な(本来不要な)疑惑を抱かせるに十分という印象でした。

大会につきましては低学年の子が小学生名人を狙うという事は想定されておられないようです。ですから低学年で高学年の部に入ろうとすると恐らくエントリー自体を断られるか、もしくはめちゃくちゃ揉めのではないかと思います。

鷹取君みたいな子もいる現代では信じられない事ですが。

ちなみに名前は伏せておきますが今年の小学生名人兵庫県代表は両名とも、加古川将棋倶楽部で棋力五段くらいだったと思います。ご参考までに。

また何でもコメントください。ありがとうございました。
Posted by 鉄空 at 2017年03月12日 07:29
それは、ちょっとですね。
私が常々思うのが、同じ方法で一般の代表戦も行うのかということです。一般も同じならある意味文化なのかもしれませんが、子供だけなら、馬鹿にした行為だと思います。正々堂々意見したら良いと思います。

なお、倉敷も名人戦も大会開催には連盟から助成金?が出ています。1回で両取りでしょうかといぶかしく思いました。
Posted by 北國の将棋父 at 2017年03月12日 12:21
お返事ありがとうございます。

大会につきましてはまったく仰るとおりなんですよね。それ以外にも色々とあの大会には疑念がありまして、うちの子が優勝していれば一言文句を言ってやろうと思っていたのですが、結果的には途中で負けてしまい、負けた人間が言うのも遠吠え感が出てしまうということで断念しました。

それと大会には当然ながら参加費が必要でしたので、少なくとも大会一回分の開催費用及び賞品費用等が浮いた上に助成金分も浮いているはずで、そのあたりも非常に不透明な感じがします。
Posted by 鉄空 at 2017年03月12日 18:09
将棋の盛んな土地でしょうから、個人的にとても残念です。
関係者は誰も子供の将棋大会に注目していないのでしょうか?兵庫県支部連合は有りますが公式なHPや掲示板も無いようですね。
参考までに、とある県で過去、上位入賞した数人の親子が連盟で意見書?を提出して代表決定方法が改善された事もあります。当事者にならないと興味を持たない親子は普通なので問題が先送りになりがちですが、子供への対応が将来への布石の第一歩と思います。

まあ、運営側も色々な事情はあるでしょうから、せめて、準決勝時点で倉敷の各代表とし、その4強で名人代表決定トーナメントを行う事とすれば、現状より1回戦分の追加時間で大分マシな決定戦になるとは思います。

この件についてはここまでとします。仮に僕なら地元出身棋士にお会いする事があった時にはお願いじゃなく、相談という形で先ずは知っていただくところから始めます。もちろん、支部連合の方に話をしてみて、相手にしてもらえなかった場合ですが。
Posted by 北國の将棋父 at 2017年03月14日 18:29
はじめまして。倉敷王将戦の兵庫地区予選は、いつ、どこで?と調べていたら、こちらにたどり着きました!うちの子も将棋をやっています。
一回で、両方の代表が決まっちゃうって事ですか?倉敷王将戦の予選はもうないということでしょうか?
Posted by あこ at 2017年03月17日 19:24
あこ様コメントありがとうございます。
ご質問についてですがまったくその通りです。
来年の夏の大会の予選がもう終わってます。あり得ないですよね。
開催時期は2月、開催場所は兵庫県最南東と北部在住の子は参加するな、田舎者は寄ってくるなと言わんばかり。
さらには実際の大会進行、ルールも納得のいかないことばかりで、一回の予選で2大会の代表を決める(助成金は2回分出てるのに)なんてのはその極みです。
ほんと将棋をやっている子とその親を馬鹿にしていると僕個人としては思います。
Posted by 鉄空 at 2017年03月17日 21:27
そうなんですね、全然知らなかったです。というか、情報が全然出てこないので、皆さんどうやって調べてるんだろう…と思ってました!また、色々教えてください(^^)
ありがとうございました!
Posted by あこ at 2017年03月25日 22:44
そうなんですね、全然知らなかったです。というか、情報が全然出てこないので、皆さんどうやって調べてるんだろう…と思ってました。なんか、変なシステムですね。子どもたちにチャンスを沢山あげてほしいです。
また、色々教えてください(^^)
ありがとうございました!
Posted by あこ at 2017年03月25日 22:46
自分の中である程度の目処が付いてからお返事させて頂こうと考えていましたら、遅くなってしまいました。申し訳ありません。

小学生王将戦の予選会については、現状では倉敷の運営事務局に直接嘆願書等の提出を行う手のみ有効、とのことです。
泣き寝入りはストレスがたまりますよね。
開催時期、場所の不適切、また告知等が不十分などの意見をまとめ提出されることもご一考下さい。

将棋大会等の情報については、うちは今まで加古川将棋倶楽部内の告知に頼っておりましたが、確かにその情報源がなくなると将棋大会がいつあるのか分からないかも知れませんね。
一応、主要な大会は日本将棋連盟のホームページに記載してあるようですが……

その辺の情報も当ブログで発信したいけたら良いかも知れないので、現在検討中です。

あこさん、またお気軽に何でもコメント下さい。ありがとうございました。
Posted by 鉄空 at 2017年04月05日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: