2017年06月13日

加古川将棋倶楽部行 vol.81

1060489.jpg
夜景 神戸港

土曜は諸用で加古川には行けなかったので日曜の記事になります。
今回は僕が子供たちを引率しましたが、子供教室の方を見るのは本当に久しぶりなので、楽しみのような少し怖いような気がしていました。

前回ちょっと確認が出来てなかった二人の段級位ですが、やはり二人とも午後からの規定に合わせて上がっていました。
雪風は初段。零戦は3級になったようで、とくに零戦は晴れてSクラスとなりました。
流石に保育園児でのSクラス入りは過去最速ではないかと思いますがどうでしょうか。
以前お聴きした時は雪風が当時基準(その頃は4級からSだった。現在は3級から)でも二番目とかいう話だったように思います。
瑣末事ですが、まあ、ひとつの記録ではありますね。

さて成績はと言いますと、

雪風初段、4勝1敗。
零戦3級、3勝2敗。

記事の流れを無視するかの如く雪風の方が良い調子でした。

ここまではよかったんですが。

午前中の成績が良かったからか子供たちが(とくに雪風が)調子に乗り始めまして、昼からの道場ではずっとふざけ通していました。
僕もずっと気になっていて、本人にも何度か注意していたのですが、全然聞き分けがなく、かと言って雪風だけが騒いでいたわけでもない状況で怒鳴りつけるのも、他のお子さんや保護者の手前では何ともやり辛い感じでしたので、これは家に帰ってから説教しないといけないなあ、と考えていましたら井上先生の雷が落ちました。
そりゃあそうですよね。
家に帰ってからじゃ、遅いんです。今、迷惑になっているんですから。
それに先生は将棋を軽んじる姿勢を何より嫌われます。
もちろん僕もそういういい加減な態度は大嫌いですが、悪いところはやはり『後』ではなく『今』叩き直すべきでした。
僕も35を超えて、人に怒られることも随分と減ってきていましたので、久しぶりに身が引き締まる思いでした。
雪風、零戦にはよく言い聞かせ、二度とこのようなことが無いよう努めさせますが、今回の件は完全に僕の監督不行届で、弁明のしようもありません。
日曜日だけでなく、それ以前にも将棋等の場で、雪風、零戦の態度に気を悪くされている方もいらっしゃると思います。
この場にはなりますが深く反省し、謝罪いたします。
本当に申し訳ありませんでした。

道場の結果。

雪風初段、5勝7敗。
零戦2級、6勝5敗。

将棋を軽んじればやはり結果もそれなりになるようです。
教訓になりました。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする