2017年06月01日

閑話『歯医者にて』

R0001093.JPG
先日、嫁が雪風を歯医者に連れて行きました。
すると偶然にも雪風の同級生が同じように歯医者に来ていて、待合でばったり出くわしたようです。
ちなみに女の子。
双子の。
仮に『先手』『後手』と呼ぶことにしましょう。(当記事内における気持ちばかりの将棋要素)
一卵性でどっちがどっちか見分けが付かないらしく、その時も雪風は名前を間違えて本人達に怒られたんだとか。
その後、雪風は待合の中に設置してあるガチャガチャマシーンを見ていたのですが、その後姿に彼女たちから声がかかります。
「なあなあ、雪風君、こっちに座って一緒にテレビ見ようよ」
しかし雪風はガチャガチャの中身が気になるので、「別にいいよ」とその申し出を断ります。
するとなんとなくの小声で双子ちゃんの片方、先手が後手に言いました。
「もっとちゃんと誘いーよ」
「ええー」
と、少し困った様子の相方に、すかさず先手が追い打ちをかけます。
「雪風くんのこと好きなんやろー?」
「!?」
心の中を暴露されてしまった後手は大焦り!
怒りあらわに先手の髪の毛を掴みます!
「なにーよ!?」
髪を引っ張られて先手も負けてはいません。同じように相手の髪を引っ張り返します。
「なにーよ!?」
双子ですからね。お互い腕力もほぼ対等です。
『なにーよ!?』
大喧嘩に発展してしまった双子を余所に、雪風は最後までそのやり取りには気が付きませんでした。(マンガの主人公みたいな鈍感ぶりという事ができます)
髪がワヤクチャになってしまった双子の姿に、嫁はお腹が痛かったらしいですよ。

以前に一度書きましたが、やっぱ将棋をやってるとモテますねー。
将棋さえやらせていれば孫の顔も確実に見られそうで良かったです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする