2017年01月30日

加古川将棋倶楽部行 vol.65

近頃、雪風が学校でダジャレを覚えて帰ってきます。

『ロシアのおじさん、殺し合い』

笑えそうで笑えない冗談で良いと思います。確かに子供のころはつまらないダジャレを考えたりしていましたね。少し懐かしい感じもします。
それに対抗するわけではないんですが、僕ももう35歳、そろそろオヤジギャグを嗜まないといけないお年頃です。
そこで一つダジャレを考えてみました。

『水に見入った瑞々しいミミズ、見ずにミミズク耳見せ水見る』

どうでしょうか。
30回ぐらい連続で言ってみてください。ミミズがゲシュタルト崩壊しますよ。

閑話休題。

今回は月五週目で子供教室がお休みということで、土曜、日曜と昼からの将棋道場へと妻が子供たちを加古川に連れて行きました。
前回、初段への昇段試験受験資格を得た雪風は、期待を胸に道場へ向かったのですが、土曜日は先生方が忙しかったらしく受験できず。代わりと言っては何ですがこの日は零戦が頗る調子がよろしくて、トーナメントで優勝しました。
成績はといいますと、

雪風1級は6勝2敗。
零戦6級は8勝1敗。

この活躍で零戦は5級へと昇級しました。

二日目、日曜日。
やっとこの日は試験を受けることができました。満を持して受験した雪風ですが結果は敗北。
やはり奨励会三段と四枚落ちは苦しいようで、なかなか初段にはさせてくれません。

とは言え実力はついてきているようでこの日も、

雪風1級は4勝2敗。
零戦5級は5勝3敗。

と、二人とも勝ち越しておりました。
この調子ならそのうちまた受験できそうな感じがします。
零戦も着実に強くなっていっている模様ですし、お兄ちゃんも一級なんかで立ち止まってはいられないですよね。



最後にですがその零戦が兄に負けじと作ったダジャレも掲載しておきます。

『ロシアのおじさん、こんにちは』

なかなかアバンギャルドな作品ではないかと思います。



ああそれと、ちょっと訳あって今回から詰将棋と加古川将棋倶楽部行は別にします。
よろしくお願いします。


前回の詰将棋の答え(鉄空作7番)

▲1四銀    △同 玉    ▲2五角不成△1三玉
▲1四歩    △2四玉    ▲5二角成  △1四玉
▲2五馬    △1三玉    ▲1二金打まで11手詰
posted by 鉄空 at 09:14| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

加古川将棋倶楽部行 vol.64

IMG_20170126_142656~2.jpg
鉄空作7番 十一手


近頃本当に寒いです。
これだけ寒い日が続きますと、『このまま地球が暖かくならなかったら人類は化石燃料を奪い合って大戦争をするんだろうな』とか考えてしまいがちですよね。

さて午前の部の結果から。

雪風は4勝1敗。
零戦は4勝2敗。

今回は二人とも健闘しました。
来週は子供教室の方はお休みらしいので、これで今月は指し納め。
月通算では、

雪風2級は6勝3敗。
零戦6級は9勝4敗。

でした。
負け数の二倍勝てば昇段、昇級の審査対象(最終的には井上先生が色々総合的に検討して決定するようです)というのが通説ですので、二人ともよく頑張っていると思います。

続いて午後からの部では、雪風が開幕4連勝しまして、前回の連勝分と合わせて7連勝を達成しました。
皆様ご存知かと思いますが加古川将棋倶楽部の将棋道場では、一級になってから7連勝、もしくは直近で10勝3敗以上の成績をあげると昇段試験が受けられるのですね。つまり今回雪風は昇段試験資格を獲得した訳です。まだ受験資格獲得だけなので初段になったわけではないのですが、初段格の実力がついてきたという事なのでしょうか。それを証明する為にもぜひとも合格して貰いたいです。
肝心の昇段試験は、次回、井上先生か、そのお弟子さん(奨励会三段)との駒落ちでというお話でした。
まあ実際問題として、井上先生は言わずもがな、奨励会三段なんてのも、こっちからしたらもはや将棋の『鬼』ですからね。なかなか昇段するのは簡単ではないようです。

さて好調だった雪風はトーナメントでも準優勝しまして、久しぶりの活躍となりました。
もっともその後は気が抜けたのか負けが込んで、終わってみれば5勝5敗となんだか締まらない結果になってしまったところが雪風らしいと言えば、らしいでしょうか。

零戦の方は3勝7敗と不調で機嫌が悪かったです。勝つ人がいればそれだけ負ける人がいるんですから致し方ないことなんですけれどね。その悔しさをバネにしてがんばってくれれると嬉しいです。


前回の詰将棋の答え(零戦作7番)
▲5二香    △6一玉    ▲7二角    △7一玉
▲8一角成  △同 玉    ▲8二香    △7一玉
▲7二香    △6一玉    ▲6二香まで11手詰(逆側でも可)
posted by 鉄空 at 14:22| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

加古川将棋倶楽部行 vol.63

IMG_20170116_213936~2.jpg
零戦作? 十一手
本人は自分で作ったと言い張っているんですが本当でしょうか?
何かで見たのを勘違いしているんじゃないだろうかという怪しい作品。

この冬一番の寒さらしく起きると外は一面雪化粧でした。
それで何が困るかと言いますと、道路状態が悪くて加古川に行けません。
仕方なく今回は午前の部は諦め、お日様が雪を溶かすのを待ち、お昼からの参加となりました。

バイパスを飛ばしていて驚いたのは加古川に近づくにつれて晴天になっていく事。
どうやら大雪だったのは加古川より西のド田舎だけだったようです。
それに教室についてみると主要なメンバーは殆ど揃っているし、話を聞いただけですが、午前の部にはたつの市の子もちゃんと来ていたようです。
あれ?おかしいなあ、さすがにたつのは雪が積もっていたと思うですけれど。
つまり、『ちょっと雪が積もったくらいで将棋を休むなんて根性が足らん』という事なんでしょうか。

さて、そんな根性無しを親に持つ子供たちの成績の方ですが、
雪風は6勝4敗。
零戦は6勝6敗。
久しぶりに雪風が勝ち越しを記録しました。たまにはそんな日もないとね。やってられないからね。
代わって零戦はイーブン。負けているのはどうも、駒落ちの上手持ちの場合が多いようです。確かに上手は難しいですからね。しょうがないね。

そう言えば加古川将棋倶楽部では裸足にサンダルの子がいました。
本人曰く「寒くない」らしいです。
つまり、『ちょっと雪が降るくらいで靴下を履くなんて根性が足らん』という事なんでしょうか。
まあ、例はどうあれ、
現代の日本は裕福すぎて過保護と弱音と妥協が流行っていますからね。
親子共々、そういうストイックな姿勢は少し見習わないといけないです。
精進しますよ。


前回の詰将棋の答え(鉄空作6番)
▲3四桂    △同 馬    ▲1三香成  △同 飛   
▲4二龍    △2三玉    ▲3二角成  △1二玉
▲2二馬まで
9手詰

posted by 鉄空 at 01:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

加古川将棋倶楽部行 vol.62

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

IMG_20170110_151224~2.jpg
鉄空作6番 九手

さて、年が明けまして今年初の加古川行きという訳ですが、えっ?もう一年経ったの?というのが正直な感想。大人になってからの月日の流れのなんと速いことか。光陰矢の如しです。

そうは言っても僕も子供の頃の一年は凄く長かったですからね。この一年の間に雪風と零戦は沢山将棋ができたのだろうと思います。その割にあんまり上達していないようにも感じられるのですが、実は経験値だけ溜まっていていつか覚醒するのでしょうか?
まあ、してもしなくてもどうせ『やるべき事をやるだけ』なので生きていく分には関係ないですがね

それでは午前の部の結果から。
雪風は3勝2敗。
零戦は5勝2敗。
二人とも勝ち越してくれまして、御の字ですか。雪風は依然苦しそう、零戦は勝てているものの昇級にともない徐々に勝ち難くなってきているようです。

続きまして午後からの部では、
雪風は2勝5敗。
零戦は7勝4敗。
こちらは雪風は1級なのでその分戦績が落ちているということでしょうか。相変わらず零戦のほうは好調ですが、まだ6級ですからね。平手の兄弟対決では雪風のほうが間違いなく強いので、零戦もあと2、3級上がると苦しくなってきそうです。

本日は倶楽部終了間際に不在だった井上先生が船江先生を連れて顔を見せてくださいまして、子供たちは大喜びでした。

雪風と零戦はちゃっかり船江先生に将棋を教えて貰ったりして、お忙しい中本当にありがとうございました。
それにしても船江先生、子供の相手なんて絶対面倒くさいでしょうに、そんな素振り一切見せないんですよね。天才で有能で社交的で奥さん美人で字が上手くて性格も良いとか聖人君主じゃん?おまけに妻曰く「駒さばきが綺麗でうっとりする」とかセクシーさも合わせ持っているなんて、、、

ん?

セクシー?

イエエエエエエエエエエエエエエイ!!
(以下略)


前回の詰将棋の答え(零戦作6番)
▲2一香成  △同 玉    ▲2二銀    △3二玉
▲3三銀成  △3一玉    ▲2二歩成  △4一玉
▲4二成銀
まで9手詰
posted by 鉄空 at 14:41| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする