2017年11月15日

加古川将棋倶楽部行 vol112

R0002228.JPG
零戦はリーレもがんばっているようです。

本日は日曜日ということで久しぶりにお嫁様と二人で子どもたちの送迎をしました。お嫁様の買い物についていってプリンを買ってもらいましたよ。美味しかったです。

それではそうこうしている間に終わっていた子供教室の結果発表。

雪風二段、1勝3敗。
零戦1級、2勝2敗。

加古川に通い始めて早二年と三ヶ月ほど、ついに今月から雪風が子供教室の順番で一番になりました。まあ、強い子が上から上から卒業していったから当たり前なんですが、一応、現在の子供教室ではトップということになります。ですから対局の殆どが格下相手となり駒落ちばかりさしていたりします。少し鼻が高いです。ちなみに零戦は9番目。こちらのほうでも爆速で兄を追いかけてきています。

午後からの道場では久しぶりに僕も参加させて頂きまして、親子三人で将棋を楽しみました。

雪風二段、5勝7敗。
零戦初段、7勝3敗。
鉄空3級、4勝2敗。

雪風は今回から新しい取り組みをしています。その件はまた今度話すとして、とりあえず現状の感じを雪風に聞いてみますと「手応えあり!」「もういやー」「ブパパブパパブパパー」ということのようです。現場からは以上です。

零戦は初段になって日が浅いもののよく勝っていまして、トーナメントでも優勝し、あわや昇段試験かというほど連勝していたりしました。いや実際この勝率だといつ昇段してもおかしくないんですよね。マジでお兄ちゃんに並んでしまいそうです。

僕は馴れない駒落ちなんかもがんばったのですが2敗してしまいました。ちょっと本気で初段を目指そうかと思っている今日この頃です。

くたくたにはなりましたが、親子で将棋を指せてとても楽しい一日でした。
せっかく子育てしてるですから、こういう思い出をもっと沢山作っていきたいと思いました。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

加古川将棋倶楽部行 vol.111

R0002126.JPG
そろそろ零戦がほっぺにチューを嫌がるようになってきたんですよね。
悲しい半面、でもまあそれは彼も成長しているという証でもあるので嬉しいことではあります。
ですから最近は代わりと言っちゃなんですが『5五角ゲーム』をしますよ。
5五が零戦のほっぺで、角が僕の口!

土曜日。
今日はレーティング大会でした。
このレーティングですが今回で最後のようです。人気がなくなってきていたのでしょうか。いずれにせよ個人的には歓迎。レーティングの日はどうしても対局数が減ってしまうのが気になっていたんですよね。せっかく送迎していのですから子どもたちには沢山対局して貰いたいのです。

道場の成績。

雪風二段、3勝4敗。
零戦初段、2勝3敗。

ちなみにレーティングは二人ともB級エントリーで2勝2敗でした。
もう本当に二人の差がなくなってきているように感じます。
がんばれお兄ちゃん!
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

第1回船江恒平六段杯稲美野将棋大会

R0002130.JPG
上記大会に参加させて頂きました。

そろそろ零戦が強くなってきていまして、大会では毎回、兄弟をどのクラスにエントリーさせるか悩んでいたりします。初段、二段では同一クラスにならざるを得ない場合もあるのですが出来れば兄弟で潰し合いは避けたいのです。
そこで今回は雪風をB級(初二段格)零戦を小学校低学年でエントリーさせました。零戦は未就学ですが流石に来年に低学年でエントリーさせるのは怒られそうな棋力帯になってそうですし、低学年エントリーはもう今年しかチャンスがありません。すでにギリギリアウトっぽいですが、まあ飛び級なんで多少は多めに見てもらえるかと。もちろん主催側からのOKは頂きました。

雪風がエントリーしたB級では同棋力帯の子どもたちもこぞって参戦していまして、雪風はそこで2勝2敗。みんなそのくらいの成績だったようなので、まあ、普通に楽しめたのではないかと思います。同学年の三年生で一つ上のA級で三位入賞した子がいるので、将棋で小学校低学年の先頭グループとは少し水を開けられているのが現状です。なかなか厳しいですが、まだ絶対に届かないということはないと思いますので頑張っていきましょう。

零戦は優勝してもおかしくないと思っていたのですが、意外にも2敗しまして準優勝でした。1敗はどうやら王手知らずだったのですが、決勝では普通に負けたらしいのでいくら初段でも流石にそう簡単には勝たせてもらえないようです。昨年の大会では雪風が同クラスで四位だったことを考えればそれでも十分な戦果ではあります。
今後も惜しまない努力が必要だとは思いますが、まだ保育園児というのは大きなアドバンテージを得ている気がしますね。少なくとも親の気は楽です。

その後行われた指導対局では二人共、女流の中倉先生に教わりました。
はじめ零戦が席に座ると、「6枚でいい?」と中倉先生が訊ねられまして、なぜか零戦が「うん」と肯定。
いやいやいや!だめだめ!と思わず横から口を挟んでしまいました。そりゃあ中倉先生からすれば零戦の背格好なら六枚落ちでも厳しそうに見えますよね。
結局手合いは飛車落ちに。いくら女流とは言いましても相手はプロですからね。飛車落ちは流石に苦しいのでは、と思っていましたが意外にも零戦が勝ちました。中倉先生も驚かれていましたが、実際は少し緩めてくれたのかも知れないですね。

雪風の手合いは角落ち!で負けはしたものの惜しかったようです。こちらはまあある程度は順当な結果でしょうか。角落ちで勝てたら平手でも勝てておかしくないぐらい棋力があるってことですからね。逆に零戦はよく勝ったと言えるかと思います。

表彰式では零戦が小学校低学年の部準優勝ということで表彰状と景品(布盤)をいただきまして、さらに昨年に続いて最年少賞も受賞。こちらは洗剤が景品でした。さらに零戦は詰将棋と次の一手クイズの方でも抽選が当たりまして船江先生のサイン色紙をゲットしました。大活躍だったのではないかと思います。

雪風も小学三年生で二段だとかなり強い方ではないかと思うのですが、やはりより幼い零戦のほうが目立ってしまいますよね。致し方ないことですがそろそろ兄は腐り始めてきているようです。
兄弟で将棋をやっているとメリットもあると思うのですが、こういったデメリットも当然あるわけです。いかに対処していくか親の手腕が問われるわけで身が引き締まりますね。
それでは明日からもがんばっていきまっしょい。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

加古川将棋倶楽部行 vol.110

R0002226.JPG
ちょっと前ですが零戦の運動会がありました。
真ん中で旗振ってるのが零戦。センターポジで良いですね。

唐突ですが零戦クイズ!

1+犬は?

答えは下に。

土曜日という事で道場に行きました。久しぶりに僕も道場に参加したいとは思っているのですが、あいにくと僕は今週は夜間勤務なので、子どもたちの対局を待ってる間は車でお昼寝していました。まあ寝て起きたら将棋が終わってるってのは楽ではありますね。

雪風二段、2勝7敗。
零戦初段、6勝5敗。

雪風は相変わらず低迷しておりました。棋力がものをいう終盤力はそれほど劣っている感じもしないんですが、序盤で苦しくなってそのまま負けしまうパターンが多い様子です。(本人談)これはそろそろ本腰入れて対策をしないといけなくなってきましたか。できれば問題解決は子供の自力に任せて、親はあまりテコ入れしないほうがよろしいとは思うのですが、このあたりのバランスは本当に難しいと思います。

零戦は昇段後でもなんとか勝ち越ししており一安心。こっちはあんまり手がかからないで楽ですね。まぁ、今のところは……ではありますが。しかし、零戦の対戦表を見ると対戦相手の名前が強豪ばかりになっていて身震いしますね。そりゃあ初段なんだから二段は平手、三段相手でも角落ちで十分に戦える棋力はあるはずなんですが、本人が小さすぎて対等の相手とは、とてもじゃないけれど感じられません。理解はできるけれど分かりません。僕の頭がバグってるのかな。

日曜日は大会に参加するので、雪風の特訓は来週からになりそうです。
いつか効果がでると信じて、取り敢えずがんばります。

零戦クイズの答え

ワン!

理解はできるけれどわかりません。僕の頭がバグってるのかな。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(0) | 加古川将棋倶楽部行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

平成29年ふれあいの祭典 将棋チャレンジコーナー

PicsArt_10-31-09.51.50.jpg
上記企画に参加してきました。
前情報は殆んどなしで参加させて頂いたのですが『ふれあいの祭典』とかいうのは毎年恒例なんですかね?凄い規模の大きなイベントでした。食べ物なんかの屋台も多かったですし、ご当地のゆるキャラなんかも歩いていて、その中の企画の一つとして将棋コーナーがある感じ。とはいえ屋外ではなくちゃんと部屋があったので生憎の雨天でも問題ありませんでした。

今回の企画の目玉はなんと言っても『山崎隆之』先生!将棋フォーカスで司会を務めてるし、それでなくとも大人気の先生が来てくれる事です。

初めてお会いさせていただきましたが、売れっ子なのに全然気取ってなくて、気さくで誰にでも親切ですごく感じが良かったです。人気も納得と言えます。

雪風と零戦は一緒に写真を撮ってもらえて大喜び。とくに零戦については昨日なったばかりだけれども「初段です」と紹介すると、「嘘でしょ!?」と、テレビで見るまんまの反応で、笑いながら驚かれていました。個人的にはここが本日のハイライトでしたかね。

イベントの方は大人の部と子供の部に分かれていて、雪風と零戦はもちろん子供の部に参加。予選を四名七組で行い上位二名が本戦トーナメント入りし、優勝目指して戦います。

下は未就学、上は中学生という括りだったので、対局テーブルに並んだ時に背の高さの差が笑ってしまうほど凄かったですが、将棋盤の上では歳の差も背の差も関係ありません。結構強い子もいたのですが、うちの子はなんとか勝ち進むことが出来、雪風が二位、零戦が三位入賞を果たしました。せっかくだからワンツーフィニッシュして欲しかったですが、勝負に負けた結果ですから致し方ありませんね。

二人とも賞状とメダルを頂きましたが、その反応は対照的でした。零戦は喜んでいましたが、雪風は決勝で負けたのを悔しがっていましたよ。もう本当に一歩手前まで弟が迫って来ているという事実が、相当のプレッシャーになっているようです。山崎先生も仰られていましたが、「お兄ちゃん大変だなあ」と、そういう感じですね。

どうでもよいことなんですが、僕は相生の出身です。
PicsArt_10-31-09.53.01.jpg
という訳で相生の『ど根性大根大ちゃん』とツーショット。
楽しかったです。
posted by 鉄空 at 00:00| Comment(2) | 将棋-大会記録等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする